メニュー


HOME >> 病気の解説(一般利用者向け) >> 若年発症型両側性感音難聴(指定難病304)

若年発症型両側性感音難聴(指定難病304)

じゃくねんはっしょうがたりょうそくせいかんおんなんちょう

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

1. 「若年発症型両側性感音難聴」とはどのような病気ですか

若年(40歳未満)で発症し両耳とも段々と進行する(聞こえが悪くなる)難聴を主な症状とする病気です。
若年発症型両側性感音難聴の診断には、①原因となる遺伝子(ACTG1遺伝子、CDH23遺伝子、COCH遺伝子、KCNQ4遺伝子、TECTA遺伝子、TMPRSS3遺伝子、WFS1遺伝子)の変化(変異)が遺伝子検査で見つかっていること、②他の原因(例えば騒音、外傷、薬剤、急性ウイルス感染)による難聴ではない事が明らかであることが必要です。
上記を満たす患者さんのうち、聞こえが良い方の耳(良聴耳)の聴力(500、1000、2000Hzの平均値)が70dB以上である方が指定難病の対象となります。

2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか

人口当たりの頻度は明らかになっていませんが、調査研究班の実施した大規模調査の結果、各遺伝子変異が原因となっている難聴者の割合は、難聴者全体(老人性難聴は除く)の0.14%~1.9%であることが明らかとなっています。

3. この病気はどのような人に多いのですか

遺伝子の変化(変異)が病気の原因ですが、御家族に難聴の方がいらっしゃらない場合もあります。診断のためには、耳鼻咽喉科を受診していただき、聴力検査と遺伝子検査を受けていただく必要があります。

4. この病気の原因はわかっているのですか

現在までに、若年発症型両側性感音難聴の原因としては、7つの遺伝子(ACTG1遺伝子、CDH23遺伝子、COCH遺伝子、KCNQ4遺伝子、TECTA遺伝子、TMPRSS3遺伝子、WFS1遺伝子)の変化(変異)が原因であることが明らかになっています。この7つの遺伝子以外にも原因となる遺伝子があると考えられており、研究が進められています。

5. この病気は遺伝するのですか

遺伝子の関与する病気ですので遺伝することがあります。ACTG1遺伝子、COCH遺伝子、KCNQ4遺伝子、TECTA遺伝子、WFS1遺伝子変異による難聴は、両親のどちらかが難聴である場合、子供も難聴を発症することがあります。
CDH23遺伝子、TMPRSS3遺伝子変異による難聴は、両親が難聴でなくても、子供が難聴を発症することがあります。

6. この病気ではどのような症状がおきますか

若年(40歳未満)で発症し両耳とも段々と進行する(聞こえが悪くなる)難聴が主な症状です。
一般的には軽度難聴から発症し、その後、徐々に進行していきます。
聴力のタイプや進行の速さは原因遺伝子により異なります。
耳鳴やめまいなどを合併する例も多く、生活の質を低下させることがあります。

7. この病気にはどのような治療法がありますか

現在までに難聴を根本的に治す有効な治療法は確立されておらず、聴力に応じて補聴器あるいは人工内耳(残存聴力活用型人工内耳を含む)を用いて聞こえを補う治療が行われています。
急速に進行した場合には突発性難聴などの急性感音難聴と同様に副腎皮質ステロイド、血管拡張薬、代謝賦活薬、ビタミン製剤が用いられますが、その効果は明確ではありません。

8. この病気はどういう経過をたどるのですか

発症時期や程度、進行の速さは患者さんによって異なります。難聴が進行すると、日常生活や社会生活に大きな支障をきたすため、難聴の程度に応じて、補聴器や人工内耳を用いて聴力を補う治療を行います。

9. この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか

「難聴が徐々に進行している」と感じた場合、早めに耳鼻咽喉科を受診し、聴力検査を受けてください。難聴の程度に応じて早期に治療(補聴器や人工内耳)を行うことが望ましいです。
両耳とも段々と進行する(聞こえが悪くなる)難聴となりますので、定期的に耳鼻咽喉科で聴力検査を行い、補聴器や人工内耳の調整を行う必要があります。

10. この病気に関する資料・関連リンク

「難治性聴覚障害に関する調査研究班」
研究代表者 信州大学医学部耳鼻咽喉科学講座 教授 宇佐美真一


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 難治性聴覚障害に関する調査研究班
研究班名簿   
新規掲載日平成27年9月6日