メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> パーキンソン病(指定難病6)

パーキンソン病(指定難病6)

ぱーきんそんびょう

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

胃カメラの検査を受けますが、薬はどうしたらよいでしょうか。

薬を1回休んでも、あまり困ることがなければ、当日の朝だけは服用せずに検査を受けるとよいでしょう。薬の時間がずれたり服用を忘れると体が動きにくくなるときには、検査の朝も服用してください。検査ではベッドに横になりますが、体が動かなくなると、検査中の事故にもなりますので、胃カメラの先生にも体の具合を伝えて検査を受けてください。

足がむくむのですが、どうしたらよいでしょうか。

多くは足へのうっ滞による浮腫です。散歩や体操など、よく足を動かすようにしましょう。マッサージも効果があります。病気で起こるものでは心臓や腎臓、肝臓の病気で起こることもありますので、むくみが持続するときには一度は検査をお勧めします。パーキンソン病でも起こることがあります。特にドパミンアゴニストで起こりやすいことが知られています。薬を替えてみるとよいでしょう。また、症状には波があり、同じように薬を飲んでいても、むくみは強かったり軽くなったりします。

寝言が多いのですが、薬のせいでしょうか。

パーキンソン病の治療薬は、寝言や夢を多くします。大きな声が出ますので、隣で休んでいる人がびっくりしますが、本人は覚えていません。睡眠薬を使うと軽くなりますが、隣で休んでいる人が困らなければ、そのままでも構いません。

幻視や幻覚があるのですが、薬のせいでしょうか。

幻視、幻覚は薬で起こることもありますし、病気自体で起こることもあります。パーキンソン病の治療薬ではどれでも幻視や幻覚を起こすことがありますが、特にアマンタジン、MAO阻害薬、ドパミンアゴニストで起こります。なるべく薬は継続し、ゴミが虫に見えたら否定せずに虫を追い払う真似をして納得してもらうようにします。また妄想の起こることもあり、夜中に「部長が呼んでいる」と言って出かけようとしたり、「妻(夫)が浮気している」と責めることもあります。幻覚から興奮が起こるときには速やかに薬を減らします。減らすときには最後に追加した薬から少なくし、L-dopa単独にして、少なめで治療するようにします。パーキンソン病自体で起こるときにはレビー小体型認知症です。パーキンソン病の症状は軽度で発症して間もない方です。少量のL-dopaで治療ししながら、認知症の薬(ドネベジル)を使います。

痛みがありますが、病気と関係があるでしょうか。

パーキンソン病自体では痛みは起こりませんが、腰痛などがあるとパーキンソン病の治療薬の効果が減少したときに痛みを強く感じます。ドパミン神経は脊髄に分布して痛みを和らげるように働いていると考えらます。このため、治療薬の効果が切れるウェアリングオフ時に痛みが強くなります。服薬を調節してウェアリングオフを軽くすると痛みも軽くなります。


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。

情報提供者
研究班名 神経変性疾患領域における基盤的調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
情報更新日平成27年3月11日