メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> 再生不良性貧血(指定難病60)

再生不良性貧血(指定難病60)

さいせいふりょうせいひんけつ

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

この病気は遺伝しますか?

成人の大部分の占める特発性再生不良性貧血は遺伝しません。ただし、親子や兄弟で同じ病気になったという事例はありますので、この病気になりやすい体質はあると考えられています。

出産はできますか?

妊娠・出産は十分可能ですが、妊娠前に病気がよくなっていることが条件になります。病気がよくなっている場合でも妊娠中に再生不良性貧血が悪化する可能性が高いため、血液専門医によく連絡をとって慎重に経過を見る必要があります。

骨髄移植は健康保険あるいは特定疾患の医療費の中で出来ますか?

健康保険あるいは特定疾患の医療費の中で賄われます。つまり、骨髄移植が必要な再生不良性貧血患者さんは重症ということになりますので、それに見合った医療費補助を受けることができます。


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。

情報提供者
研究班名 特発性造血障害に関する調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
情報更新日平成27年3月21日