メニュー


HOME >> 病気の解説(一般利用者向け) >> 特発性間質性肺炎(公費対象)

特発性間質性肺炎(公費対象)

とくはつせいかんしつせいはいえん

この病気は公費負担の対象疾患です。公費負担の対象となるには認定基準があります。
(認定基準、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

1. 特発性間質性肺炎とは

「呼吸」は吸った空気(吸気)を、気道を介して、肺の奥にある「肺胞」と呼ばれる部屋に運び、肺胞の薄い壁の中を流れる毛細血管中の赤血球に酸素を与えると同時に二酸化炭素を取り出すガス交換をし(図1左)、それをまた呼気として吐き出す運動で、生きていくために欠かせない作業です。間質性肺炎は、さまざまな原因からこの薄い肺胞壁に炎症をおこし、壁が厚く硬くなり(線維化)、呼吸をしてもガス交換ができにくくなる病気です(図1右)。肺胞壁は保たれていても、肺の最小単位である小葉を囲んでいる小葉間隔壁や肺を包む胸膜が厚く線維化して肺が膨らむことができなくなる病態も知られるようになりました。線維化が進んで肺が硬く縮むと蜂巣病変といわれるような穴(嚢胞)ができて胸部CTで確認されます(図2)。特徴的な症状としては、安静時には感じない呼吸困難感が、歩行中や入浴・排便などの日常生活の動作の中で感じるようになります(労作時呼吸困難)。季節に関係なく痰を伴わない空咳(乾性咳嗽)で悩まされることもあります。長年かけて次第に進行してくるので自覚症状が出るころにはかなり病態が悪化していることが多いのですが、「急性増悪」といって、風邪様症状の後、急激に呼吸困難となって病院に搬送されることもあります。

間質性肺炎の原因には、関節リウマチや多発性皮膚筋炎などの膠原病(自己免疫疾患)、職業上や生活上での粉塵(ほこり)やカビ・ペットの毛・羽毛などの慢性的な吸入、病院で処方される薬剤、漢方薬、サプリメントなどの健康食品、特殊な感染症など様々あることが知られていますが、原因を特定できない間質性肺炎を「特発性間質性肺炎」といいます。

特発性間質性肺炎は病態の異なる7つの疾患からなりますが、頻度からすると「特発性肺線維症」、「器質化肺炎」、「非特異性間質性肺炎」の3つの疾患のいずれかに含まれることがほとんどです。その診断には、既往歴・職業歴・家族歴・喫煙歴などを含む詳細な問診、肺機能検査、血液検査からなる臨床情報、高分解能コンピューター断層画像(HRCT)やいままでの検診時の胸部X線画像の変化からなる画像情報、そして外科的な肺生検からえられる病理組織情報から総合的診断が必要です。

図1 正常肺と間質性肺炎の肺

図2 肺組織の比較

2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか

労作時の息切れなどの自覚症状をともなって医療機関を受診される患者さんは10万人あたり10~20人といわれていますが、診断されるにいたっていない早期病変の患者さんはその10倍以上はいる可能性を指摘されています。線維化が進行すると治療が効きにくくなって難治化するために死亡率が高くなり、患者数が多くならないという側面もあります。このうち認定基準を満たして国内で新規登録された患者数の内訳は、特発性肺線維症の患者さんが80~90%と最も多く、次いで特発性非特異性間質性肺炎が5~10%、特発性器質化肺炎が1~2%ほどです。ただし症状が軽いために認定基準の重症度を満たさない多くの患者さんをいれるとこの比率も変わってくることが予想されます。

3. この病気はどのような人に多いのですか

7つの疾患のうちもっとも治療が難しい特発性肺線維症は、50才以上で労作時呼吸困難などの自覚症状を認めることが多く、男性は女性よりやや多いようです。間質性肺炎は一般に喫煙が関与している可能性を指摘されていますが、特発性肺線維症の患者さんのほとんどが喫煙者です。喫煙が必ずしも肺線維症だけを来たすわけではないことから、喫煙は特発性肺線維症の「危険因子」であると考えられています。やはり喫煙者に多い「肺気腫」という、肺が壊れて拡がっていく病変と、肺線維症が合併した「気腫合併肺線維症」という病態が、喫煙歴があって息切れを自覚する患者さんに多く認められて問題になっています。特発性肺線維症の「危険因子」として他には、ウイルスなどの感染や逆流性食道炎なども挙げられています。明確な粉じん暴露による間質性肺炎は特発性間質性肺炎から除外されますが、原因として明らかではない場合には「危険因子」ととらえられます

4. この病気の原因はわかっているのですか

特発性間質性肺炎の原因はわかっていませんが、複数の原因遺伝子群と環境因子が影響している慢性炎症の病態機序が関与している可能性が考えられています。つまり、上にのべたような生活環境における「危険因子」に反応し、さらにその炎症を慢性化しやすい体質の原因となるような特徴的な遺伝子配列があると考えられています。実際にそのような遺伝子配列はいくつか報告されておりますが、かならずしもそれらで全て間質性肺炎の原因を説明しきれないことも知られています。

5. この病気は遺伝するのですか

特発性間質性肺炎とそっくりな病態で家族発生があることが知られています。しかし家族発生が明らかな場合には家族性肺線維症として区別します。肺胞を拡げる作用があるサーファクタント蛋白の遺伝子異常の家系に見られる肺線維症の発症年齢は若い傾向がありますが、小児から50歳以降まで病態の程度に応じて様々です。また、上述したように、環境因子に反応しやすい体質は遺伝する可能性もあるので、ご家族に患者さんがいらっしゃったら、喫煙を含めた危険因子は可能な限り避けることが薦められます。

6. この病気ではどのような症状がおきますか

肺病変ができていても多くは無症状ですが、乾性咳嗽と呼ばれる痰を伴わない空咳で受診する患者さんもいます。日常生活での労作時呼吸困難感などを自覚するときにはすでに病気はかなり進行していますからはやめに専門施設に紹介してもらう必要があります。

7. この病気にはどのような治療法がありますか

特発性間質性肺炎に含まれる7つの疾患で治療法は異なります。特発性肺線維症以外の場合には確定診断がついた時点から治療を開始します。多くの場合ステロイドを中心とした免疫抑制剤がよく効いて、肺の陰影を含めて呼吸病態が改善するからです。

特発性肺線維症の場合、息切れなどの自覚症状がほとんどない患者さんは、喫煙者であればすぐ禁煙し、病態進行の程度を数ヶ月観察します。禁煙のみで病態が改善することもあるからです。病態の進行程度を主治医が理解するためには、それまでの数年間にわたる検診や医療機関で撮影された胸部X線なども重要な情報となります。胸部画像や肺機能、6分間の歩行試験などの検査結果から総合的に病気の進行を認めるようであれば、病勢に応じて段階的な治療を行います。咳が続けば痰が出るようになるので、咳を抑える薬剤や痰を出しやすくする薬剤による対症療法も日常生活を改善することがありますが、間質性肺炎本体の治療ではありません。最近では抗酸化作用をもつ薬剤の吸入療法、新しい抗線維化剤、ステロイドや免疫抑制剤などの併用など、我国で開発されてきた様々な治療法があります。特に特発性肺線維症患者さんを対象とした始めての抗線維化剤は日本で初めて治療薬として認可を受け、世界的にも注目を集めています。従来に比べ、少量のステロイドや免疫抑制剤によって副作用は軽減し、予防対策も向上していますが、それでも風邪の予防、禁煙、体重制限、規則正しい生活など、患者さん自身の日常生活の管理も重要です。

病気が進行し呼吸で酸素を十分取り組めない場合には、在宅酸素療法といって日常生活で酸素を吸入する治療法が行われ、必要であれば呼吸リハビリも行われます。さらに肺病変の影響で心臓の負担が増加している場合(肺高血圧)にはその治療もあわせて行います。

また、若いながら呼吸機能の改善が期待できない場合には、一定の厳しい基準を満たすことを確認されたうえで、脳死肺移植の適応も検討されます。

このような様々な新しい治療方針が試みられている一方で、特発性肺線維症のような進行する肺線維化疾患はまだまだ難治性であり、治療が困難であるのが現状です。病期の早い軽症の段階から、間質性肺炎の専門施設で治療方針を検討してもらうことも含めて、主治医の先生によく相談することが必要でしょう。 

8. この病気はどういう経過をたどるのですか

難治性進行性肺線維症としても知られる特発性肺線維症や、線維化傾向の強い線維性非特異性間質性肺炎は、ステロイドや免疫抑制剤による強力な治療によっても治療効果が十分ではなく、自覚症状を感じてから3~5年くらいで呼吸ができなくなることがあります。また、風邪の様な症状のあと数日内に急激に呼吸困難となる急性増悪が死期を早めることがあります。そのほかの非特異性間質性肺炎や器質化肺炎は一般に治療に良く反応しますが、中には軽快と増悪を繰り返し、徐々に悪化していく場合もあります。また、発症当初は特発性間質性肺炎と診断されても、しばらくしてから膠原病などの原因疾患が明らかになり、原因疾患に対する治療法で間質性肺炎が軽快することもあります。

喫煙歴のある間質性肺炎の患者さん、特に肺気腫を合併した肺線維症の患者さんには肺がんができやすいことが知られていますので、間質性肺炎の病状が安定していても定期的な検査を受けることをお勧めします。
情報提供者
研究班名 呼吸器系疾患調査研究班(びまん性肺疾患)
研究班名簿   
情報更新日平成24年5月28日