メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> 徐波睡眠期持続性棘徐波を示すてんかん性脳症(指定難病154)

徐波睡眠期持続性棘徐波を示すてんかん性脳症(指定難病154)

じょはすいみんきじぞくせいきょくじょはをしめすてんかんせいのうしょう

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

この病気は,採血でわかりますか?

発作症状と脳波所見からこの病気を診断します.背景疾患ならびに原因遺伝子を調べる時には採血を行う場合もあります.

脳波検査は起きている時の検査のみで十分ですか?

寝ている時の脳波が診断には必須で,治療の評価においても必要になります.

治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 稀少てんかんに関する調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
新規掲載日平成27年9月14日