メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> 海馬硬化を伴う内側側頭葉てんかん(指定難病141)

海馬硬化を伴う内側側頭葉てんかん(指定難病141)

かいばこうかをともなうないそくそくとうようてんかん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

診断にはどのような検査がありますか?

発作が脳のどこから起こっているかを知るため、ビデオ脳波同時記録を行って、発作の症状や、発作のない時および発作の時の脳波を調べます。また海馬硬化の診断には脳のMRIが重要です。そのほか、PET、SPECTなどの神経画像検査や、神経心理検査などを行います。これらの検索の結果から、てんかん原性領域が一側の側頭葉内側底部に推定され、発作が薬でコントロール困難であれば、手術の適応があります。両側性が疑われる場合には、慢性頭蓋内脳波記録を行って手術の適応を検討することもあります。

両側性の海馬硬化の場合、両側を手術することはできないのですか?

両側の海馬を切除すると重い記憶障害がおこると考えられるので、両側を手術することはできません。よって、手術を検討する際には、一側の切除手術によって、発作がよくなるかどうか、また、記憶機能などに大きな影響がないか、ということを、よく調べる必要があります。

治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 稀少てんかんに関する調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
新規掲載日平成27年7月29日