メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> ランドウ・クレフナー症候群(指定難病155)

ランドウ・クレフナー症候群(指定難病155)

らんどうくれふなーしょうこうぐん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

遺伝子検査は必要でしょうか

ランドウ・クレフナー症候群の診断は、診察所見と脳波検査所見を組み合わせた臨床診断によって行われます。遺伝子検査は一般の診療で行われるものではなく、健康保険では取り扱われていない、研究室レベルで行われる検査で、研究的な意義は高いですが日常の臨床においては必須ではありません。

どんな治療法を試みても改善しない場合、聴覚性言語障害を改善し、脳の発達に効果があるサプリメントを使用して良いでしょうか

現在、多数の世界の研究者たちが、脳の発達、脳の機能に対して改善する薬剤の開発にむけて様々な研究に取り組んでいますが、脳の発達を劇的に伸ばしたり、機能を顕著に改善したりする特効薬は、残念ながら今のところありません。

治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 稀少てんかんに関する調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
新規掲載日平成27年7月27日