メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> 多系統萎縮症(3)シャイ・ドレーガー症候群(指定難病17)

多系統萎縮症(3)シャイ・ドレーガー症候群(指定難病17)

たけいとういしゅくしょう しゃい・どれーがーしょうこうぐん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

(1)線条体黒質変性症
(2)オリーブ橋小脳萎縮症
(3)シャイ・ドレーガー症候群

この病気の確実な診断はどうするのですか

大人で、立ちくらみがひどく、トイレに頻回にいきたくなり、時には失禁するなどの症状が続きます。これらの症状を説明できる原因が他に見つからない場合に、この病気を疑います。1-2年するとこれらの自律神経障害に、軽くふらついたり、パーキンソン病に似た症状が加わってきたりします。その時期の脳画像検査において多系統萎縮症に知られている変化が認められればこの病気である可能性が高くなります。症状だけで、早期に確定診断するのが難しい病気です。


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。

情報提供者
研究班名 運動失調症の医療基盤に関する調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
情報更新日平成27年2月6日(研究班名簿:平成30年4月更新)