メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> シュワルツ・ヤンペル症候群(指定難病33)

シュワルツ・ヤンペル症候群(指定難病33)

しゅわるつ・やんぺるしょうこうぐん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

筋肉は骨の症状以外に気をつける症状はありますか?

この病気の原因遺伝子パールカンは,全身の基底膜に存在するので,身体のいろいろなところに症状を出す可能性があり,現在調査・研究が続けられています。例えば白内障などの眼の症状や心臓,血管の症状も年齢が上がるにつれて気をつける必要があります。

運動をすると筋肉に悪いですか?

そのようなことはありません。軽い運動,特にスチレッチはよく行いましょう。


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。

情報提供者
研究班名 希少難治性筋疾患に関する調査研究班
研究班名簿   
情報更新日新規掲載日:平成27年2月5日