メニュー


HOME >> 病気の解説(一般利用者向け) >> 肺静脈閉塞症/肺毛細血管腫症(指定難病87)

肺静脈閉塞症/肺毛細血管腫症(指定難病87)

はいじょうみゃくへいそくしょう/はいもうさいけっかんしゅしょう

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

1.肺静脈閉塞症/肺毛細血管腫症(PVOD/PCH)とは?

肺は大気中の酸素を体内に取り入れる重要な臓器です。具体的には肺胞という小さな房状の袋に空気を送り、空気中の酸素を血液中に取り入れ、血液中の二酸化炭素を空気中に戻します。酸素の少ない血液を心臓(右心室)から肺胞に送るのが肺動脈であり、肺胞で酸素を取り入れた血液を心臓(左心房)に戻すのが肺静脈です。この肺動脈の圧力(血圧)が上昇するのが『肺動脈性肺高血圧症(PAH)』(詳細はPAHの項参照)ですが、肺静脈閉塞症は肺静脈の閉塞や狭窄により、肺毛細血管腫症は肺の毛細血管の閉塞や狭窄により肺動脈の圧力が上昇する病気です。狭小化した血管に血液を送る必要があるため、右側の心臓の仕事量が増え、結果的に肺動脈の圧が上昇します。何故このような病気が生じるかは未だ解明されず、原因の解明が必要です。そのため『PVOD/PCH』は病態解明及び有効治療の開発のために『指定難病』に認定されています。 
この病気の最初の認定のためには、『PAH』と同様に右心カテーテル検査を受ける必要があります。肺動脈平均圧が25 mmHg以上であり、さらに、肺血流シンチグラムという検査で肺血栓塞栓症ではないことを確認する必要があります。さらに左側の心臓に病気が無いこと、肺自体に病気が無いことを確認し、分類上同グループに分けられるPVOD/PCH以外のPAHを除外する事が必要です。この病気は難治性ですが、早期診断により専門医と適切な治療に関して相談することが重要になります。

2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか?

「難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究班」による調査(特定疾患例の約2/3の症例の解析)では、PVOD/PCHの認定患者数は11名(2013年度)でした。しかし特発性PAHと診断された患者さん860人の5~10%がPVODであったとの報告があり、日本には潜在的には約43~86人のPVOD患者さんが存在することになります。また別の報告では有病率0.1~0.2人/100万人とされており、日本の人口を1憶2千5百万人とすると約12.5~25.0人の患者さんが存在することになります。現在日本における正確な有病率は把握されていない状況です。

3. この病気はどのような人に多いのですか?

PVOD/PCHはあらゆる年代に発症し、喫煙者が多いとされています。成人例では男性にやや多い傾向があり、15歳未満の症例では男女差は無いといわれています。

4. この病気の原因はわかっているのですか?

現時点ではPVOD/PCHの原因は分っていません。ほとんどの症例が全く予想できずに突然に発症しますが、家族内発症の報告例もあります。最近の報告では、PVODとPCHは遺伝的に類縁疾患であることが示唆されています。病理学的にみると、PVODでは肺静脈の内膜肥厚や線維化等による閉塞を認め、PCHでは肺胞壁の毛細血管増生による静脈閉塞を認めます。しかし何故このような肺血管リモデリングが生じるかは未だ不明です。現在、原因の解明に向けて難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究班では研究を継続しています。

5. この病気は遺伝するのですか?

最近家族発症例で、EIF2AK4(eukaryotic translation initiation factor 2 kinase 4)という遺伝子の変異が両疾患において報告されました。しかし、この遺伝子が病気の発症にどのように関与しているかは未だ不明です。

6. この病気ではどのような症状がおきますか?

体を動かす時に息苦しく感じる、すぐに疲れる、体がだるい、意識がなくなる(失神)などの症状が現れます。しかし病気が進むと、「心臓の機能がより低下」するために、足がむくむ、少し体を動かしただけでも息苦しいなどの症状が出現します。基本的には自覚症状は『PAH』と同様です。しかし安静時および労作時低酸素血症の程度がPAHよりも重くなります。

7. この病気にはどのような治療法がありますか?

本症の原因が明らかではないため、疾患の進行を阻止できる治療はなく、対症療法が主体となります。安静、禁煙が必要であり、妊娠も症状を悪化させる可能性があります。尿量を増やす利尿薬に加え、肺の血管を拡げて血液の流れを改善させる肺血管拡張薬(プロスタグランディン系製剤 (PGI2、エポプロステノロールなど)、ホスホジエステラーゼ5阻害剤(PDE-5 Inhibitor)、エンドセリン受容体拮抗薬(ERA))なども考慮されます。しかし肺血管拡張薬を使用すると、病変部位の特徴から肺に水がたまって(肺水腫を起こして)酸素濃度が低下する可能性があり、専門医による十分な管理下での使用が望まれます。さらに一時的な効果が認められた場合でも長期的には効果が限定されるため、現時点では肺の移植療法が推奨されます。

8. この病気はどういう経過をたどるのですか?

基本的にはPAHと同様で、1) 肺の血圧が高い ⇒ 2) 心臓が頑張る ⇒ 3) 心臓が疲れて、血液を全身に送れなくなり、酸素が全身に廻らなくなる ⇒ 4) 少し動いても息苦しく感じる、となります。しかしPAHに有効とされる肺血管拡張薬の効果が乏しく、PAHに比べより病気の進行が早いため、早期臨床診断と早期肺移植登録が重要です。

9. この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか?

 PVOD/PCHとPAHは共に肺動脈の血流障害が生じる病気です。そのため右心室の仕事量が増え、右心室が肥大します。最終的に右心室が機能障害に陥ると右心不全となり生命予後に関与します。この右心機能低下を回復させる、ないしは進行を遅らせる治療法が「肺血管拡張療法」「在宅酸素療法」などです。しかしPVOD/PCHの病態進行は、上述したようにPAHより明らかに早く、選択的肺血管拡張薬の効果も限定されます。基本的なケアはPAHに準じますが(PAHの項参照)、専門医とよく相談をしてケアを継続する必要があります。

10. この病気に関する資料・関連リンク

難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究班HP  http://irdph.jp/
肺静脈閉塞症(PVOD)の診断基準確立と治療方針作成のための統合研究班(植田初江、他).
大郷恵子、植田初江、大郷剛. 肺動脈性肺高血圧症および肺静脈閉塞症/肺毛細血管腫症の病理―最近の知見からー. 日本呼吸器学会誌 2014;3:471-477.

情報提供者
呼吸器系疾患調査研究班(難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究班)


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。

情報提供者
研究班名 難治性呼吸器疾患・肺高血圧症に関する調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
情報更新日平成29年8月7日