メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> 顕微鏡的多発血管炎(指定難病43)

顕微鏡的多発血管炎(指定難病43)

けんびきょうてきたはつけっかんえん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

治癒しますか?

初期にしっかりと治療すれば、8割以上の患者さんの血管炎症状は治まります(寛解)が、病気は再燃することがありますので、定期的に専門医の診察を受け、きちんとお薬を継続する必要があります。ステロイドの長期内服によってさまざまな副作用が出てくる可能性がありますので、免疫抑制薬を併用しながら可能な限りステロイドを減量します。ステロイドを完全に中止できる場合もありますが、多くのかたは少量のステロイドを継続しています。

再発することがありますか?

2年間の経過で10-20%程度のかたが再燃します。専門医のもとに通院を継続し、診察と検査を定期的に受けて、再発のきざしを早期に見つけてもらいましょう。軽い再燃であればステロイドを10-20mg/日程度増量することで対応できる場合もありますが、重症な再燃では、治療を初発時と同様な治療が必要となる場合があります。

治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 難治性血管炎に関する調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
情報更新日平成30年9月12日(研究班名簿:平成30年4月更新)