メニュー


HOME >> 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) >> 早期再分極(early repolarization)症候群の病態と遺伝基盤、長期予後に関する研究班

早期再分極(early repolarization)症候群の病態と遺伝基盤、長期予後に関する研究班

疾患概要 一覧へ戻る

早期再分極(early repolarization)症候群の病態と遺伝基盤、長期予後に関する研究班

区分 氏名 所属等 職名
研究代表者 鎌倉 史郎 国立循環器病研究センター臨床検査部 部 長
研究分担者 堀江 稔 滋賀医科大学医学部呼吸循環器内科 教  授
草野 研吾 岡山大学医学部循環器内科 准 教授
萩原 誠久 東京女子医科大学医学部循環器内科 教  授
杉 薫 東京女子医科大学医学部循環器内科 教  授
清水 昭彦 山口大学医学部保健学科 教  授
清水 渉 国立循環器病研究センター心臓血管内科 部 長
宮本 恵宏 国立循環器病研究センター予防検診部 部 長
研究協力者 相庭 武司 国立循環器病研究センター心臓血管内科不整脈科 医  長
高木 洋 国立循環器病研究センター循環動態制御部モデル解析研究室 室  長
里見 和浩 国立循環器病研究センター心臓血管内科不整脈科 医  長
野田 崇 国立循環器病研究センター心臓血管内科不整脈科 医  長
岡村 英夫 国立循環器病研究センター心臓血管内科不整脈科 医  師
山田 優子 国立循環器病研究センター心臓血管内科不整脈科 医  師
宮本 康二 国立循環器病研究センター心臓血管内科不整脈科 医  師
中島育太郎 国立循環器病研究センター心臓血管内科不整脈科 医  師
鎌倉 令 京都大学医学部医学研究科循環器内科 大学院生