メニュー


HOME >> 病気の解説(一般利用者向け) >> リンパ脈管筋腫症(LAM)

リンパ脈管筋腫症(LAM)

りんぱみゃくかんきんしゅしょう(LAM)

(認定基準、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

1.リンパ脈管筋腫症(LAM)とは?

リンパ脈管筋腫症(LAM)は、平滑筋に似た特徴をもつLAM細胞と呼ばれる細胞が、肺、リンパ節、腎臓などで、比較的ゆっくりと増える病気です。ほとんどは妊娠可能な年齢の女性に発症します。肺では、LAM細胞が両側の肺に散在して増加し、それに伴ってのう胞と呼ばれる小さな肺の穴が複数生じ、進行した場合は息切れなどが生じます。呼吸不全という状態になり酸素療法が必要になることもあります。海外では1937年に最初に報告され、1977年にカリントンらにより命名されました。日本では1970年に山中と斎木により「び慢性過誤腫性肺脈管筋腫症」と言う病名で報告されました。LAMには、結節性硬化症(プリングル病とも呼ばれます)という病気に伴って発生する場合(結節性硬化症に合併したLAM)と、単独で発生する場合(孤発性LAM)の2種類があります。

2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか?

どのくらいの患者さんがいるのか実数はわかっていませんが、稀な病気です。日本では、平成15年度と18年度に厚生労働省難治性疾患克服研究事業「呼吸不全に関する調査研究班」による全国の医療施設を対象とした2回の疫学調査が行われ、264人の患者さんの情報が集まりました。その結果、日本でのLAMの有病率は人口100万人あたり約1.9〜4.5人と推測されています。海外からの報告でも人口100万人あたり2〜5人と推測されています。平成27年度からLAMは指定難病の対象疾患となりましたが、平成25年度のLAMの医療受給者数は586人です。
一方、結節性硬化症に合併するLAM患者さんの詳細な患者数はわかっていません。結節性硬化症患者さんの女性の肺には、3~4割でのう胞性変化(肺LAM)が認められると報告され、わが国の結節性硬化症に合併するLAM患者さんは2,000~4,000人と推測されています。

3. この病気はどのような人に多いのですか?

孤発性LAMも、結節性硬化症に合併するLAMも、ほとんどは妊娠可能な年齢の女性に発症しますが、閉経後に診断される患者さんもいます。稀ですが、男性の報告もされています。30歳代半ばで診断される事が多く、人種、喫煙などとの関係は明らかではありません。妊娠、出産や女性ホルモン(経口避妊薬等のエストロゲン製剤)服用で症状が出現したり、病状が悪化したとする報告がみられます。肺機能の悪化もなく正常に出産した報告もあり妊娠出産は必ずしも禁止ではありませんが、母子の健康状態に大きく影響する事であり、医師と十分に相談し慎重に検討しなければなりません。

4. この病気の原因はわかっているのですか?

結節性硬化症では、TSC1またはTSC2という遺伝子に異常が認められます。この遺伝子は、細胞の増殖を調節するタンパク質分子をつくり出します。この遺伝子の異常が原因となって、過剰な増殖能力をもつLAM細胞が出現すると考えられています。孤発性LAMでも、LAM細胞にTSC2遺伝子の異常が検出されると報告され、原因のひとつと考えられています。LAM細胞は、コラーゲンなどを分解する酵素を出して肺に穴をあけるのではないかと考えられています。

5. この病気は遺伝するのですか?

孤発性LAMは遺伝するとは考えられていません。結節性硬化症は遺伝(常染色体優性遺伝)を示す疾患であり、子供に1/2の確率で遺伝しますが、遺伝しても皆がLAMを発症するわけではありません。また、結節性硬化症では多くの臓器(脳、皮膚、心臓、肺、腎臓、など)でLAM以外の病気も生じやすいのですが、出現程度や組み合わせは様々です。結節性硬化症でもあまり明らかな異常を示さない場合(不全型)もあります。

6. この病気ではどのような症状がおきますか?

主な症状は肺の病変により出現するもので、労作時の息切れ、咳、痰、血痰、喘息様の喘鳴などです。また、肺が破れて空気が漏れる気胸を生じることがあり、胸痛や呼吸困難がみられます。気胸はしばしば初発の症状としてみられ、再発を繰り返す場合があります。乳びと呼ばれるリンパ液が胸水や腹水となって貯留することがあり、それに伴う呼吸困難や腹満を認めることがあります。腎臓に血管筋脂肪腫という腫瘍を生じることがあります。結節性硬化症では、LAMによる症状の他に、てんかん、皮膚病変など結節性硬化症による症状も認められます。

7. この病気にはどのような治療法がありますか?

症状や合併症のある場合はその治療を行います。肺機能検査で閉塞性換気障害を認める際は、気管支拡張薬が症状改善に有効とされます。酸素が低下し呼吸不全となった場合は、酸素の吸入を行います。繰り返す気胸には、胸膜の癒着や外科的治療が必要です。乳び胸水や腹水に対して、内科的または外科的治療が行われます。まれに腎血管筋脂肪腫から出血することもあり、血管塞栓術や外科的処置が必要になることがあります。呼吸不全が進行した場合、肺移植の対象になりますが、肺移植の後にLAMが再発したとの報告があります。
LAMという病気の仕組みが徐々に明らかになり、2006~2010年に日本なども加わって米国を中心に、シロリムスという薬剤の有効性を確認するための臨床試験が行われ、シロリムスにはLAMによる肺機能の低下を防ぐ効果が認められました。2012年より国内においても治験が開始され、2014年7月に薬事承認されたため、処方を受けることができるようになりました。LAMでは、患者さんによって病気の重症度や進行スピードが異なります。シロリムス治療には各種の副作用も認められますので、医師とよく相談して選択する必要があります。結節性硬化症の患者さんの血管筋脂肪腫には、エベロリムスという薬剤も処方されるようになっています。
LAMの発病や進行には女性ホルモンが関わっていると考えられ、性腺刺激ホルモン放出ホルモン誘導体、メドロキシプロゲステロンなどのホルモン療法が行われることがあります。これらの治療は有効との報告もあるものの、効果に一定の見解はなく、今後明らかにすべき課題です。

8. この病気はどういう経過をたどるのですか?

一般に、LAMはゆっくり進行し、肺病変の進行と共に肺機能が低下し息切れ等がみられます。進行のスピードは患者さん毎に異なり、長期間にわたって安定した肺機能を示す方がいることもわかっています。経過中に気胸、乳び胸水・腹水、腎血管筋脂肪腫などの合併症に対して治療が必要となる事があります。日本の疫学調査では、10年後、85%の患者さんが生存されていました。平成21~24年度に特定疾患の新規の医療受給者としてデータ登録された390人のLAM患者さんのうち、約2割において在宅酸素療法が行われていました。最近は早期または軽症での診断率が高まっていますので、病気の経過については今後の調査結果も待たれます。 

10. この病気に関する資料・関連リンク

呼吸不全に関する調査研究班HP
http://kokyufuzen.umin.jp/
呼吸不全調査研究班 リンパ脈管筋腫症 lymphangioleiomyomatosis(LAM)
診断基準. 日本呼吸器学会雑誌46:425-427,2008.

情報提供者
呼吸器系疾患調査研究班(呼吸不全に関する調査研究)


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。

情報提供者
研究班名 呼吸不全に関する調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
情報更新日平成27年1月16日