メニュー


HOME >> 病気の解説(一般利用者向け) >> 混合性結合組織病

混合性結合組織病

こんごうせいけつごうそしきびょう

(認定基準、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

1. 「混合性結合組織病」とはどのような病気ですか

混合性結合組織病(Mixed Connective Tissue Disease;MCTD)は、1972年にアメリカのSharpらにより、膠原病の代表的疾患である全身性エリテマトーデス(SLE)様、強皮症様、多発性筋炎様の症状が混在し、血液の検査で抗U1-RNP抗体が高値陽性となる疾患として提唱されました。欧米ではMCTDは強皮症の亜型だとする意見が多かったのですが、最近では独立した疾患として再認識されてきています。わが国では1993年に厚生労働省が特定疾患に指定したこともあり、MCTDの病名は広く受け入れられています。

2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか

個人調査票を基準とした調査では平成20年では8600人程度でしたが、平成25年では10500人を超える登録があります。

3. この病気はどのような人に多いのですか

性別では圧倒的に女性に多い病気です。男女比は1:13〜16とされています。
年齢では30〜40歳代の発症が多いようですが、小児から高齢者まであらゆる年齢層に発症します。

4. この病気の原因はわかっているのですか

この病気の方の血液中に自身の身体の成分と反応する抗U1-RNP抗体という抗核抗体自己抗体)が検出されることから、自己免疫疾患と考えられています。しかし、他の膠原病と同様になぜこのような自己抗体ができてしまうのか分かっていません。また、抗U1-RNP抗体が自身の身体を傷害している証拠は得られておらず、MCTDの病態がどのように形成されるのかなどまだまだ解明すべきことがたくさん残されています。

5. この病気は遺伝するのですか

MCTDの原因は不明ですが、その発症には遺伝的素因が関与すると考えられています。しかし、MCTDそのものが遺伝するわけではなく、「この病気になりやすい体質が引き継がれる。」程度に考えておかれればいいと思います。

6. この病気ではどのような症状がおきますか

1) レイノー現象
寒冷刺激や精神的緊張により血管が収縮して、手指や足趾が蒼白化し、その後暗紫色、紅潮を経て元の色調に戻ります。これをレイノー現象と呼びます。血管の収縮は可逆的であり、数分から数10分の経過です。末梢の血流が減ることにより生じますので冷感やしびれ感を伴います。MCTDのほぼ全例で認められ、初発症状として表れることが多いとされています。
2) 手指・手の腫脹
手指から手背にかけて腫れぼったくなり、指輪が入りにくくなります。80〜90%に見られ、MCTDに特徴的な症状で病気の経過を通して見られます。
3) 肺高血圧症
MCTDの10%内外に合併します。生命に影響をおよぼす重篤な合併症です。疲れ易い、動いた時に動悸や息切れを感じるなどが初発症状となることが多いです。病勢が強い時、MCTDを発症してから長期間が経過している時は肺高血圧症の症状の有無にかかわらず検査をすることで、肺高血圧症が軽いうちに発見されることもあります。
4) SLE様症状
SLEによく似た症状として、多発関節炎(約80%)、リンパ節腫脹(約30%)、顔面紅斑(約30%)、心膜炎・胸膜炎(それぞれ10%前後)が見られます。関節炎は、時に関節リウマチと区別のつきにくい関節の変形を伴います。腎炎症状(蛋白尿や血尿など)は20%程度に見られますが、SLEに比べて軽症でネフローゼ症候群や腎不全に至ることは少ないとされています。
5) 強皮症様症状
強皮症によく似た症状として、手指に限局した皮膚硬化(約60%)、肺線維症(約30%)、食道運動機能の低下(約25%)などが見られます。肘を越える皮膚硬化はまれです。また、食道病変も含む消化管病変全体の頻度は60〜80%に見られます。自覚症状としては食道病変があると、胸焼けや食べ物を飲み込む時のつかえ感が生じますし、腸の病変があると、便秘や下痢を起こしやすくなります。また、肺線維症では痰を伴わない乾いた咳や動いた時の動悸や息切れを感じることがあります。
6) 多発性筋炎様症状
多発性筋炎によく似た症状として、躯幹に近い腕や脚の筋力の低下(約40%)を認めることがありますが、筋肉痛を自覚することは少ないようです。階段の昇降に苦労する、しゃがんだら立ち上がれない、腕に力が入らず髪の毛をとかすこともできない、今まで持てていた物が持てないなどの症状が出てきます。しかし、全く立てなくなったり、寝たきりになってしまったりするほど重症になることはまれです。
7) 無菌性髄膜炎
イブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬の使用で、無菌性髄膜炎が誘発されることがあります。機序は不明でその頻度は高くはありません。イブプロフェンなどの非ステロイド性抗炎症薬の使用は避け、どうしてもの場合はアセトアミノフェンを使用されることをおすすめします。また、MCTDの病気自体が無菌性髄膜炎を引き起こすこともあります。
8) 三叉神経障害
MCTDの約1割に見られます。他の膠原病で生じることは珍しく、MCTDに特徴的な症状です。顔の下の方に出やすく片側性です。ピリピリした知覚障害や味覚障害が見られますが、神経痛をきたすことは少ないとされています。

7. この病気にはどのような治療法がありますか

1) 治療の基本方針
MCTDは原因が不明ですので、原因に基づく治療を行うことができません。その患者さんが有する最も重篤な病態に対して、副腎皮質ステロイド薬などの免疫抑制療法が行われます。
2) レイノー現象など末梢循環障害
冷やさないことが大事です。これは手足だけでなく、身体全体を冷やさないように気を付けて下さい。たばこは血管を収縮させて症状を悪化させますので禁煙が必要です。症状がひどい場合には血管拡張薬(カルシウム拮抗薬、プロスタグランディン製剤)や抗血小板薬が用いられます。
3) 軽症から中等症
胸膜炎や軽症筋炎など中等症にはプレドニゾロン(PSL)30mg/日程度、発熱や関節炎など軽症にはPSL 20mg/日以下が用いられます。
4) 重症
まれではありますが、出血傾向を伴う血小板減少症、ネフローゼ症候群、重症筋炎、間質性肺炎急性増悪、中枢神経症状など重症の病態に対しては、体重1kgあたりPSL 1〜1.2mg/日のステロイド薬大量投与が行われます。重篤で速やかな効果の発現が求められる場合は、ステロイドパルス療法(原則的にはメチルプレドニゾロン1g/日を3日間連続投与)が行われることもあります。
ステロイド薬にて効果が不十分な場合や重篤な副作用のためステロイド薬の大量療法ができない場合には免疫抑制薬が用いられます。近年、難治性病態であるネフローゼ症候群、間質性肺炎急性増悪、中枢神経症状、肺高血圧症などに早期より積極的にシクロホスファミドの間歇大量静注療法が行われるようになってきています。
5) 肺高血圧症
MCTDによる肺高血圧症には肺血管拡張薬が用いられます。この15年程の肺高血圧症治療薬は著しく進歩し、プロスタサイクリン製剤(内服、持続点滴)、エンドセリン受容体拮抗薬(内服)、PDE-5阻害薬(内服)、グアニル酸シクラーゼ刺激薬(内服)など作用機序の異なる薬剤を併用することで治療成績が向上しています。
また、MCTD自体の活動性を伴う場合、肺高血圧症が発症して間もない場合には、ステロイド薬や免疫抑制薬などの免疫抑制療法が効果を示す場合があります。早期に発見して早期に治療することが重要ですので、MCTDと診断された場合には肺高血圧症の症状がなくても、ある程度定期的に心臓超音波検査を行ってもらうのがいいかもしれません。
6) 無菌性髄膜炎
非ステロイド性抗炎症薬など無菌性髄膜炎の誘発原因と疑われる薬剤が存在する場合は、薬剤の中止のみで軽快することもあります。MCTD自体によって引き起こされている場合には、ステロイド治療が行われることが多いです。多くは中等量のステロイド薬に反応し、速やかな減量が可能です。
7) 三叉神経障害
ステロイド薬の有効性は低いと考えられています。特発性三叉神経痛に準じて、カルバマゼピン、フェニトイン、プレガバリンなどが用いられます。

8. この病気はどういう経過をたどるのですか

MCTDの経過を追うと、SLEや多発性筋炎様症状は治療で良くなりますが、レイノー現象や手指腫脹、強皮症様症状はステロイド薬が効きにくいため最後まで残ることが多いとされています。また、ステロイド薬などの減量中に再燃を認めることもあります。
MCTDは生命予後が良好な疾患とされていましたが、1997年の調査で5年生存率が93.7%と生命予後の不良な方が存在することが明らかになりました。死因としては感染症、中でも呼吸器感染症が最も多いのですが、肺高血圧症は死亡リスクを4.5倍以上に高めることが分かっています。

9. この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか

FAQに記載してありますのでご参照下さい。

10. 用語解説

抗核抗体
細胞の中にある核の成分と反応する自己抗体。多くの膠原病患者さんで陽性となる。健常人でも少数ながら陽性で、年齢とともに陽性率は上昇する。しかし、膠原病を疑う大きな根拠となる。

自己抗体
自身の身体の構成成分と反応してしまう抗体。本来、抗体は体内に侵入した外敵に対して作られ、身体を守っているのですが、その調節が乱れると自己抗体が出現し、身体に不都合な反応がおこってしまう。これを自己免疫疾患と言う。

レイノー現象
手指などの血管が寒冷刺激などにより、けいれんを起こしたように縮み、血液の流れが途絶する。その結果、「血の気」が失せて指の色が真っ白になったり暗紫色になったりする。程なくして、血管のけいれん状の収縮が収まると元に戻る。

重篤
病状が悪いこと

無菌性髄膜炎
細菌以外の原因でおこる髄膜炎。ウイルス性髄膜炎を念頭に用いられることが多いが、他の病原体の場合もある。また、膠原病など感染症以外の疾患で起こることもある。

難治性
治療に反応しないあるいは反応に乏しいこと。

特発性
特別な原因が見当たらないのに発病してくるもの。原因不明のもの。

再燃
完全ではないが一旦治まっていた病気が、再び悪化、出現してくること。再発は完全に治まっていた病気が悪化した場合に用いる。

生命予後
病気が生命に与える影響。病気になった後の寿命の予測。


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。

情報提供者
研究班名 混合性結合組織病の病態解明、早期診断と治療法の確立に関する研究班
研究班名簿   
情報更新日平成27年3月17日