原発性高カイロミクロン血症(指定難病262)

げんぱつせいこうかいろみくろんけっしょう

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

○ 概要
 
1.概要
カイロミクロン代謝に必要な酵素の欠損や、輸送蛋白の欠損などにより、血中に異常にカイロミクロンが蓄積し、黄色腫(発疹性黄色腫)や、時に急性膵炎を発症させる疾患である。脂質異常症のWHO分類ではI型(カイロミクロンの増加)及びV型(カイロミクロンとVLDLの増加)を呈し、高トリグリセリド血症を示す。
原発性高カイロミクロン血症の原因となる疾患として、リポ蛋白リパーゼ(LPL)欠損症、アポリポタンパクC-II欠損症、アポリポタンパクA-V欠損症、GPIHBP1欠損症、LMF1欠損症、原発性V型高脂血症が知られている。いずれの疾患も血清トリグリセリド上昇により急性膵炎の発症・重症化リスクが高くなる。
 
2.原因
原発性高カイロミクロン(食物由来の、中性脂肪に富む軽くて大きなリポ蛋白)血症の遺伝的原因として、カイロミクロン中の中性脂肪を分解する酵素であるリポ蛋白リパーゼ(LPL)、あるいはこの分解反応に必要なアポリポ蛋白CII、GPIHBP1、LMF1の先天的欠損症がある。アポリポタンパクA-Vの遺伝子変異では、トリグリセリド低下作用が障害され高カイロミクロン血症となる。原発性V型高脂血症は原因不明である。
LPL欠損症は常染色体劣性遺伝を示し、患者となるホモ接合体は約50~100万人に1人とされる。アポリポタンパクC-II、GPIHBP1、LMF1及びA-V欠損症はさらに頻度が低いとされている。
 
3.症状
血清トリグリセリド値の上昇が主要な臨床所見である。血清トリグリセリド値が1,000mg/dLを超えると急性膵炎の発症リスクが高まり、発症例ではほとんどが2,000mg/dLを超えているとされる。そのため、食後でも1,500mg/dLを超えない程度にまで食事での脂肪摂取を制限する。
小児期から脂肪摂取後時の膵炎による上腹部痛を繰り返す。また、肝臓や脾臓の腫大がおきる。皮膚には発疹性黄色腫という小さなピンクがかった黄色い皮疹ができる。
血清トリグリセリド値が4,000mg/dLを超えると、網膜脂血症(眼底検査で網膜血管が白色ピンク状に見える。)を呈する。
 
4.治療法
高カイロミクロン血症に対しては、食事療法が中心となる。1日の脂肪を15~20g以下、又は総カロリーの15%以下にする脂質制限を行う。中鎖脂肪酸は小腸におけるカイロミクロン形成に関与しないため、高カイロミクロン血症の予防及び治療に有効である。
LPL欠損症、アポリポタンパクC-II欠損症に対しては薬物療法の効果は限定的である。VLDLも上昇を示す成人例に対してはフィブラートを用いることがある。原発性Ⅴ型高脂血症では発症要因とされる環境因子(糖尿病、飲酒、エストロゲンやステロイド補充、妊娠、利尿剤やβ遮断薬、他疾患の合併)の是正を行い、フィブラート及びω-3系多価不飽和脂肪酸製剤を用いる。
海外では家族性LPL欠損症に対する遺伝子治療薬が近年認可されており、膵炎発作の減少効果が期待されている。
 
5.予後
急性膵炎の発症、重症度により生命予後が左右される。
 
○ 要件の判定に必要な事項
1.  患者数
約300人
2.  発病の機構
不明(リポ蛋白リパーゼやアポタンパクC-II、GPIHBP1、LMF1及びアポリポタンパクA-Vの関与が考えられている。)
3.  効果的な治療方法
未確立(根本的な治療法はない。食事療法(脂肪制限、中鎖脂肪酸)の他、薬物療法(フィブラート、ω3系不飽和脂肪酸製剤)が有効である場合がある。)
4.  長期の療養
必要(遺伝子異常を背景とし、代謝異常が生涯持続、治療に抵抗性で致死的合併症を伴うため。)
5.  診断基準
あり(原発性高脂血症研究班による。)
6.  重症度分類
先天性代謝異常症の重症度評価で、中等症以上を対象とする。または、急性膵炎発作を直近1年に1回以上起こしている場合を重症とし、対象とする。
 
○ 情報提供元
「原発性高脂血症に関する調査研究班」
研究代表者 自治医科大学医学部内科学講座内分泌代謝学部門 教授 石橋俊
 
 
<診断基準>
Definite、Probableを対象とする。
 
原発性高カイロミクロン血症 の診断基準
 
必須条件:(1)及び(2)を認め、鑑別診断(下記D)が除外される。
(1)血清トリグリセリド値  1,000 mg/dL以上(空腹時採血(食後12時間以上))
(2)カイロミクロンの証明(血清静置試験*1、超遠心法、電気泳動法、HPLC法による。)
(*1: 血清を4℃で24~48時間静置した後に、血清の上清にクリーム層を認める。)
 
 
A.症状 主症状:1~4、副症状:5、6
1.繰り返す腹痛AND/OR急性膵炎
2.発疹性黄色腫
3.網膜脂血症の存在
4.肝腫大AND/OR脾腫大
5.呼吸困難感
6.神経精神症状(認知症、うつ病、記憶障害)
 
B.検査所見
1.LPL活性の欠損あるいは著明な低下(正常の10%以下)。
(ヘパリン静脈注射後血漿、脂肪組織生検検体、単球由来マクロファージ。)
2.アポリポ蛋白C-IIの欠損あるいは著明な低下(正常の10%以下)。
3.アポリポ蛋白A5の欠損あるいは著明な低下(正常の10%以下)。
4.LPL、ヘパリン、アポリポ蛋白C-IIに対する自己抗体の証明。
 
C.遺伝学的検査
1.  リポ蛋白リパーゼ遺伝子の変異
2.  アポリポタンパクC-II遺伝子の変異
3.  GPIHBP1遺伝子の変異
4.  LMF1遺伝子の変異
5.  アポリポタンパクA-V遺伝子の変異
 
D.鑑別診断
1. III型高脂血症
2. 家族性複合型高脂血症(FCHL)
3. 二次性高脂血症(アルコール多飲、ネフローゼ症候群、神経性食思不振症、妊娠、糖尿病、リポジストロフィー、ウェーバー・クリスチャン(Weber-Christian)病、甲状腺機能低下症、先端巨大症、クッシング症候群、ネルソン症候群、薬剤(エストロゲン、ステロイド、利尿薬、βブロッカー、SSRIなど抗精神病薬、痤瘡治療薬、HIV治療薬、免疫抑制剤など)、その他高TG血症を来す疾患(多発性骨髄腫、全身性エリテマトーデス(SLE)、悪性リンパ腫、サルコイドーシスなど))
 
<診断のカテゴリー>
Definite(確定診断):必須条件に、BあるいはCのいずれかの異常(疾患関連あり)が確認された場合。
Probable(臨床的診断):必須条件に、Aの主症状のいずれかを認める場合。
Possible(疑い例):必須条件のみ、あるいは、必須条件にAの副症状を認める場合。
 
 
 
 
<重症度分類>
先天性代謝異常症の重症度評価で、中等症以上を対象とする。
または、急性膵炎発作を直近1年に1回以上起こしている場合を重症とし、対象とする。

先天性代謝異常症の重症度評価(日本先天代謝異常学会)(一部改変)

点数

I

薬物などの治療状況(以下の中からいずれか1つを選択する)

a

治療を要しない

b

対症療法のために何らかの薬物を用いた治療を継続している

c

疾患特異的な薬物治療が中断できない

d

急性発作時に呼吸管理、血液浄化を必要とする

II

食事栄養治療の状況(a、bいずれか1つを選択する)

a

食事制限など特に必要がない

b

軽度の食事制限あるいは一時的な食事制限が必要である

 

*当該疾患についての食事栄養治療の状況はa又はbとする。

 

III

酵素欠損などの代謝障害に直接関連した検査(画像を含む)の所見(以下の中からいずれか1つを選択する)

a

特に異常を認めない        

b

軽度の異常値が継続している    (目安として正常範囲から1.5SDの逸脱)  

c

中等度以上の異常値が継続している (目安として1.5SDから2.0SDの逸脱)      

d

高度の異常値が持続している    (目安として2.0SD以上の逸脱)

IV

現在の精神運動発達遅滞、神経症状、筋力低下についての評価(以下の中からいずれか1つを選択する)

a

異常を認めない         

b

軽度の障害を認める  (目安として、IQ70未満や補助具などを用いた自立歩行が可能な程度の障害)

c

中程度の障害を認める (目安として、IQ50未満や自立歩行が不可能な程度の障害)   

d

高度の障害を認める  (目安として、IQ35未満やほぼ寝たきりの状態)    

V

現在の臓器障害に関する評価(以下の中からいずれか1つを選択する)

a

肝臓、腎臓、心臓などに機能障害がない

b

肝臓、腎臓、心臓などに軽度機能障害がある
(目安として、それぞれの臓器異常による検査異常を認めるもの)

c

肝臓、腎臓、心臓などに中等度機能障害がある
 (目安として、それぞれの臓器異常による症状を認めるもの)

d

肝臓、腎臓、心臓などに重度機能障害がある、あるいは移植医療が必要である 
(目安として、それぞれの臓器の機能不全を認めるもの)

VI

生活の自立・介助などの状況(以下の中からいずれか1つを選択する)

a

自立した生活が可能     

b

何らかの介助が必要      

c

日常生活の多くで介助が必要  

d

生命維持医療が必要     

総合評価

IからVIまでの各評価及び総点数をもとに最終評価を決定する。

(1)4点の項目が1つでもある場合    

重症

(2)2点以上の項目があり、かつ加点した総点数が6点以上の場合  

重症

(3)加点した総点数が3-6点の場合  

中等症

(4)加点した総点数が0-2点の場合   

軽症

注意

診断と治療についてはガイドラインを参考とすること

疾患特異的な薬物治療はガイドラインに準拠したものとする

 
 
※診断基準及び重症度分類の適応における留意事項
1.病名診断に用いる臨床症状、検査所見等に関して、診断基準上に特段の規定がない場合には、いずれの時期のものを用いても差し支えない(ただし、当該疾病の経過を示す臨床症状等であって、確認可能なものに限る。)。
2.治療開始後における重症度分類については、適切な医学的管理の下で治療が行われている状態であって、直近6か月間で最も悪い状態を医師が判断することとする。
3.なお、症状の程度が上記の重症度分類等で一定以上に該当しない者であるが、高額な医療を継続することが必要なものについては、医療費助成の対象とする。
 

本疾患の関連資料・リンク
  1. Brunzell JD, Bierman EL. Chylomicronemia syndrome. Interaction of genetic and acquired hypertriglyceridemia. Med Clin North Am 1982, Mar;66(2):455-68.
  2. Brunzell JD, Deeb SS. Familial lipoprotein lipase deficiency, apoc-ii deficiency, and hepatic lipase deficiency. The Metabolic and Molecular Bases of Inherited Disease 2001;2:2789-816.
  3. 村勢敏郎. 高脂血症診療ガイド(第2版). 文光堂; 2012.
  4. Gotoda T, Shirai K, Ohta T, Kobayashi J, Yokoyama S, Oikawa S, et al. Diagnosis and management of type I and type V hyperlipoproteinemia. J Atheroscler Thromb 2012;19(1):1-12.
  5. Ewald N, Hardt PD, Kloer HU. Severe hypertriglyceridemia and pancreatitis: Presentation and management. Curr Opin Lipidol 2009, Dec;20(6):497-504.
  6. Kihara S, Matsuzawa Y, Kubo M, Nozaki S, Funahashi T, Yamashita S, et al. Autoimmune hyperchylomicronemia. N Engl J Med 1989, May 11;320(19):1255-9.
  7. Surendran RP, Visser ME, Heemelaar S, Wang J, Peter J, Defesche JC, et al. Mutations in LPL, APOC2, APOA5, GPIHBP1 and LMF1 in patients with severe hypertriglyceridaemia. J Intern Med 2012, Jan 12.
  8. Miyakawa T, Fujisaki T, Sato E, Matsuo A, Ishibashi S, Takahashi K, Murase T. Chylomicronemia in diabetes mellitus. J Japan Diab Soc 1988;31(2):99-107.
  9. Bagdade JD, Porte D, Bierman EL. Diabetic lipemia. A form of acquired fat-induced lipemia. N Engl J Med 1967, Feb 23;276(8):427-33.
  10. Bhattacharya S, Redgrave TG. The content of apolipoprotein B in chylomicron particles. J Lipid Res 1981, Jul;22(5):820-8.
  11. Phillips ML, Pullinger C, Kroes I, Kroes J, Hardman DA, Chen G, et al. A single copy of apolipoprotein B-48 is present on the human chylomicron remnant. J Lipid Res 1997, Jun;38(6):1170-7.
  12. Brunzell JD, Hazzard WR, Porte D, Bierman EL. Evidence for a common, saturable, triglyceride removal mechanism for chylomicrons and very low density lipoproteins in man. J Clin Invest 1973, Jul;52(7):1578-85.
  13. HAVEL RJ, GORDON RS. Idiopathic hyperlipemia: Metabolic studies in an affected family. J Clin Invest 1960, Dec;39:1777-90.
  14. Langlois S, Deeb S, Brunzell JD, Kastelein JJ, Hayden MR. A major insertion accounts for a significant proportion of mutations underlying human lipoprotein lipase deficiency. Proc Natl Acad Sci U S A 1989, Feb;86(3):948-52.
  15. Gotoda T, Yamada N, Kawamura M, Kozaki K, Mori N, Ishibashi S, et al. Heterogeneous mutations in the human lipoprotein lipase gene in patients with familial lipoprotein lipase deficiency. J Clin Invest 1991, Dec;88(6):1856-64.
  16. Takagi A, Ikeda Y, Tsutsumi Z, Shoji T, Yamamoto A. Molecular studies on primary lipoprotein lipase (LPL) deficiency. One base deletion (G916) in exon 5 of LPL gene causes no detectable LPL protein due to the absence of LPL mrna transcript. J Clin Invest 1992, Feb;89(2):581-91.
  17. Takagi A, Ikeda Y. [Measurements of lipoprotein lipase (LPL) activity and immunoreactive mass, and diagnosis of LPL gene]. Nippon Rinsho 2007, Jul 28;65 Suppl 7:182-90.
  18. Brunzell JD, Miller NE, Alaupovic P, St Hilaire RJ, Wang CS, Sarson DL, et al. Familial chylomicronemia due to a circulating inhibitor of lipoprotein lipase activity. J Lipid Res 1983, Jan;24(1):12-9.
  19. Péterfy M. Lipase maturation factor 1: A lipase chaperone involved in lipid metabolism. Biochimica Et Biophysica Acta (BBA) – Molecular and Cell Biology of Lipids 2012;1821(5):790 – 794.
  20. Cefalù AB, Noto D, Arpi ML, Yin F, Spina R, Hilden H, et al. Novel LMF1 nonsense mutation in a patient with severe hypertriglyceridemia. J Clin Endocrinol Metab 2009, Nov;94(11):4584-90.
  21. Ioka RX, Kang MJ, Kamiyama S, Kim DH, Magoori K, Kamataki A, et al. Expression cloning and characterization of a novel glycosylphosphatidylinositol-anchored high density lipoprotein-binding protein, GPI-HBP1. J Biol Chem 2003, Feb 28;278(9):7344-9.
  22. Beigneux AP, Davies BS, Gin P, Weinstein MM, Farber E, Qiao X, et al. Glycosylphosphatidylinositol-anchored high-density lipoprotein-binding protein 1 plays a critical role in the lipolytic processing of chylomicrons. Cell Metab 2007, Apr;5(4):279-91.
  23. Rios JJ, Shastry S, Jasso J, Hauser N, Garg A, Bensadoun A, et al. Deletion of GPIHBP1 causing severe chylomicronemia. J Inherit Metab Dis 2011, Oct 19;35(3):531-40.
  24. Adeyo O, Goulbourne CN, Bensadoun A, Beigneux AP, Fong LG, Young SG. GPIHBP1 and the intravascular processing of triglyceride-rich lipoproteins. J Intern Med 2012, Oct 1;272(6):528-40.
  25. Pennacchio LA, Olivier M, Hubacek JA, Cohen JC, Cox DR, Fruchart JC, et al. An apolipoprotein influencing triglycerides in humans and mice revealed by comparative sequencing. Science 2001, Oct 5;294(5540):169-73.
  26. Marçais C, Verges B, Charrière S, Pruneta V, Merlin M, Billon S, et al. Apoa5 Q139X truncation predisposes to late-onset hyperchylomicronemia due to lipoprotein lipase impairment. J Clin Invest 2005, Oct;115(10):2862-9.
  27. Triglyceride Coronary Disease Genetics Consortium and Emerging Risk Factors Collaboration, Sarwar N, Sandhu MS, Ricketts SL, Butterworth AS, Di Angelantonio E, et al. Triglyceride-mediated pathways and coronary disease: Collaborative analysis of 101 studies. Lancet 2010, May 8;375(9726):1634-9.
  28. Do R, Stitziel NO, Won HH, Jørgensen AB, Duga S, Angelica Merlini P, et al. Exome sequencing identifies rare LDLR and APOA5 alleles conferring risk for myocardial infarction. Nature 2015, Feb 5;518(7537):102-6.
  29. Breckenridge WC, Little JA, Steiner G, Chow A, Poapst M. Hypertriglyceridemia associated with deficiency of apolipoprotein C-II. N Engl J Med 1978, Jun 8;298(23):1265-73.
  30. Yamamura T, Sudo H, Ishikawa K, Yamamoto A. Familial type I hyperlipoproteinemia caused by apolipoprotein C-II deficiency. Atherosclerosis 1979, Sep;34(1):53-65.
  31. Xiong WJ, Li WH, Posner I, Yamamura T, Yamamoto A, Gotto AM, Chan L. No severe bottleneck during human evolution: Evidence from two apolipoprotein C-II deficiency alleles. Am J Hum Genet 1991, Feb;48(2):383-9.
  32. Inadera H, Hibino A, Kobayashi J, Kanzaki T, Shirai K, Yukawa S, et al. A missense mutation (trp 26–>arg) in exon 3 of the apolipoprotein CII gene in a patient with apolipoprotein CII deficiency (apo cii-wakayama). Biochem Biophys Res Commun 1993, Jun 30;193(3):1174-83.
  33. Okubo M, Hasegawa Y, Aoyama Y, Murase T. A G+1 to C mutation in a donor splice site of intron 2 in the apolipoprotein (apo) C-II gene in a patient with apo C-II deficiency. A possible interaction between apo C-II deficiency and apo E4 in a severely hypertriglyceridemic patient. Atherosclerosis 1997, Apr;130(1-2):153-60.
  34. Takase S, Osuga JI, Fujita H, Hara K, Sekiya M, Igarashi M, et al. Apolipoprotein C-II deficiency with no rare variant in the APOC2 gene. J Atheroscler Thromb 2013, Mar 7;20(5):481-93.
  35. Arai T, Tsukada T, Okubo M, Murase T, Matsumoto K. Ser477Stop mutation of the lipoprotein lipase gene occurs at a higher frequency in japanese subjects with normal triglyceride levels than in hypertriglyceridemic patients. Atherosclerosis 1999, Dec;147(2):417-20.
  36. Yang WS, Nevin DN, Iwasaki L, Peng R, Brown BG, Brunzell JD, Deeb SS. Regulatory mutations in the human lipoprotein lipase gene in patients with familial combined hyperlipidemia and coronary artery disease. J Lipid Res 1996, Dec;37(12):2627-37.
  37. Smellie WS. Hypertriglyceridaemia in diabetes. BMJ 2006, Dec 16;333(7581):1257-60.
  38. Yuan G, Al-Shali KZ, Hegele RA. Hypertriglyceridemia: Its etiology, effects and treatment. CMAJ 2007, Apr 10;176(8):1113-20.
  39. Papadakis EP, Sarigianni M, Mikhailidis DP, Mamopoulos A, Karagiannis V. Acute pancreatitis in pregnancy: An overview. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 2011, Dec;159(2):261-6.
  40. Sekimoto M, Takada T, Kawarada Y, Hirata K, Mayumi T, Yoshida M, et al. JPN guidelines for the management of acute pancreatitis: Epidemiology, etiology, natural history, and outcome predictors in acute pancreatitis. J Hepatobiliary Pancreat Surg 2006;13(1):10-24.
  41. Kumar J, Wierzbicki AS. Images in clinical medicine. Lipemia retinalis. N Engl J Med 2005, Aug 25;353(8):823.
  42. Horton M, Thompson K. Lipemia retinalis preceding acute pancreatitis. Optometry 2011, Aug;82(8):475-80.
  43. Nayak KR, Daly RG. Images in clinical medicine. Eruptive xanthomas associated with hypertriglyceridemia and new-onset diabetes mellitus. N Engl J Med 2004, Mar 18;350(12):1235.
  44. Szczepiorkowski ZM, Winters JL, Bandarenko N, Kim HC, Linenberger ML, Marques MB, et al. Guidelines on the use of therapeutic apheresis in clinical practice–evidence-based approach from the apheresis applications committee of the american society for apheresis. J Clin Apher 2010;25(3):83-177.
  45. Heaney AP, Sharer N, Rameh B, Braganza JM, Durrington PN. Prevention of recurrent pancreatitis in familial lipoprotein lipase deficiency with high-dose antioxidant therapy. J Clin Endocrinol Metab 1999, Apr;84(4):1203-5.
  46. Gaudet D, Méthot J, Kastelein J. Gene therapy for lipoprotein lipase deficiency. Curr Opin Lipidol 2012, Jun 11;23(4):310-20.
  47. Gaudet D, Brisson D, Tremblay K, Alexander VJ, Singleton W, Hughes SG, et al. Targeting APOC3 in the familial chylomicronemia syndrome. N Engl J Med 2014, Dec 4;371(23):2200-6.
  48. Tsuang W, Navaneethan U, Ruiz L, Palascak JB, Gelrud A. Hypertriglyceridemic pancreatitis: Presentation and management. Am J Gastroenterol 2009, Apr;104(4):984-91.
  49. Carpentier AC, Frisch F, Labbé SM, Gagnon R, de Wal J, Greentree S, et al. Effect of alipogene tiparvovec (AAV1-LPL(S447X)) on postprandial chylomicron metabolism in lipoprotein lipase-deficient patients. J Clin Endocrinol Metab 2012, May;97(5):1635-44.
  50. Gaudet D, Méthot J, Déry S, Brisson D, Essiembre C, Tremblay G, et al. Efficacy and long-term safety of alipogene tiparvovec (AAV1-LPLS447X) gene therapy for lipoprotein lipase deficiency: An open-label trial. Gene Ther 2013, Apr;20(4):361-9.
  51. Scott LJ. Alipogene tiparvovec: A review of its use in adults with familial lipoprotein lipase deficiency. Drugs 2015, Feb;75(2):175-82.
  52. Pollin TI, Damcott CM, Shen H, Ott SH, Shelton J, Horenstein RB, et al. A null mutation in human APOC3 confers a favorable plasma lipid profile and apparent cardioprotection. Science 2008, Dec 12;322(5908):1702-5.
  53. Jørgensen AB, Frikke-Schmidt R, Nordestgaard BG, Tybjærg-Hansen A. Loss-of-Function mutations in APOC3 and risk of ischemic vascular disease. N Engl J Med 2014, Jun 18;371(1):32-41.
  54. The TG and HDL Working Group of the Exome Sequencing Project, National Heart, Lung, and Blood Institute. Loss-of-Function mutations in APOC3, triglycerides, and coronary disease. N Engl J Med 2014, Jun 18;371(1):22-31.
  55. Kao JT, Wen HC, Chien KL, Hsu HC, Lin SW. A novel genetic variant in the apolipoprotein A5 gene is associated with hypertriglyceridemia. Hum Mol Genet 2003, Oct 1;12(19):2533-9.
  56. Pullinger CR, Aouizerat BE, Movsesyan I, Durlach V, Sijbrands EJ, Nakajima K, et al. An apolipoprotein A-V gene SNP is associated with marked hypertriglyceridemia among asian-american patients. J Lipid Res 2008, Aug;49(8):1846-54.
  57. Sone H, Tanaka S, Tanaka S, Iimuro S, Oida K, Yamasaki Y, et al. Serum level of triglycerides is a potent risk factor comparable to LDL cholesterol for coronary heart disease in japanese patients with type 2 diabetes: Subanalysis of the japan diabetes complications study (JDCS). J Clin Endocrinol Metab 2011, Nov;96(11):3448-56.

情報提供者
研究班名原発性高脂血症に関する調査研究班
研究班名簿 
情報更新日令和元年6月