慢性再発性多発性骨髄炎(指定難病270)

まんせいさいはつせいたはつせいこつずいえん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

○ 概要
 
1.概要
原因不明な、無菌性・非腫瘍性の骨・骨髄の炎症性疾患である。病変は単発性あるいは多発性に発症し、急性・慢性・再発性いずれの経過もとり得るが、このうち多発性に発症し慢性・再発性の経過をとる病態を慢性再発性多発性骨髄炎と呼ぶ。症状として骨痛及びその部位に一致した皮膚の熱感と発赤を認める。
 
2.原因
未解明
 
3.症状
高熱を呈することは稀であり、倦怠感や局所の疼痛・腫脹などで緩徐に発症することが多い。疼痛は夜間に強く、運動や寒冷暴露により悪化する傾向がある。
 
4.治療法
非ステロイド抗炎症薬(NSAIDS)に対して50~80%の患者が反応すると報告されている。NSAIDSによる反応が不十分である場合にビスフォスホネートの追加治療が行われる。上記治療無効例に対しては抗TNF製剤、抗IL-1製剤の有効例が報告されている。
 
5.予後
長期的には炎症部の骨の成長障害、変形を来す。また関節炎、掌蹠膿胞症や尋常性乾癬、炎症性腸疾患等の合併が比較的多く報告されている。その他、スイート(Sweet)症候群、壊死性膿皮症、仙腸関節炎、硬化性胆管炎などの合併も報告されている。
 
 
 
○ 要件の判定に必要な事項
1.  患者数
100人未満
2.  発病の機構
不明
3.  効果的な治療方法
未確立(対症療法として非ステロイド抗炎症薬、ビスフォスホネート、抗TNF療法、抗IL-1療法の有効性が報告されているが根治療法はない。)
4.  長期の療養
必要
5.  診断基準
あり(研究班作成の診断基準あり)
6.  重症度分類
下記の(1)、また(2)を満たした場合は重症例とし助成対象とする。
(1)骨髄炎持続例
(2)合併症併発例
 
○ 情報提供元 
「自己炎症疾患とその類縁疾患に対する新規診療基盤の確立」
研究代表者 京都大学大学院医学研究科発達小児科 教授 平家俊男
<診断基準>
 
慢性再発性多発性骨髄炎診断基準
 
1)画像検査所見:単純レントゲン検査で骨融解と骨硬化の混在像を呈し、かつMRI検査で骨・骨髄浮腫の所見を認める(T1 強調画像で低信号、T2強調及びSTIR画像で高信号)。FDG-PETや骨・ガリウムシンチで多発性病変を確認してもよい。
2)組織検査所見:病変部位の骨・骨髄生検で非特異的炎症像があり、生検組織の培養検査もしくはPCR法により細菌・真菌などの感染症が否定される。
3)他の自己免疫疾患・自己炎症性疾患、悪性腫瘍などの関節炎・骨髄炎の原因となる他疾患を除外する。
 
<診断のカテゴリー>
上記の1)~3)の全ての項目を満たす場合、慢性再発性多発性骨髄炎と診断する。
 
 
 
<重症度分類>
下記の(1)又は(2)を満たした場合は重症例とし助成対象とする。
 
(1)骨髄炎持続例
骨髄炎による疼痛が持続する。なお、骨髄炎の診断は単純レントゲン検査又はMRI検査により確認する。
 
(2)合併症併発例
当該疾病とともに、慢性関節炎、掌蹠膿胞症、尋常性乾癬、炎症性腸疾患、スイート(Sweet)症候群、壊死性膿皮症、仙腸関節炎、硬化性胆管炎のいずれかを認める。
 
※診断基準及び重症度分類の適応における留意事項
1.病名診断に用いる臨床症状、検査所見等に関して、診断基準上に特段の規定がない場合には、いずれの時期のものを用いても差し支えない(ただし、当該疾病の経過を示す臨床症状等であって、確認可能なものに限る。)。
2.治療開始後における重症度分類については、適切な医学的管理の下で治療が行われている状態であって、直近6か月間で最も悪い状態を医師が判断することとする。
3.なお、症状の程度が上記の重症度分類等で一定以上に該当しない者であるが、高額な医療を継続することが必要なものについては、医療費助成の対象とする。
 

 

本疾患の関連資料・リンク

専門医診療機関・コンサルト先の情報源として自己炎症性疾患のサイト(http://aid.kazusa.or.jp/2013/)が存在する。
 
文献
1) Costa-Reis P, Sullivan KE. Chronic recurrent multifocal osteomyelitis. J Clin Immunol. 2013;33:1043.
 
2) Ferguson PJ, Sandu M. Current understanding of the pathogenesis and management of chronic recurrent multifocal osteomyelitis. Curr Rheumatol Rep. 2012;14:130.
 
3) Hedrich CM, Hofmann SR, Pablik J, Morbach H, Girschick HJ. Autoinflammatory bone disorders with special focus on chronic recurrent multifocal osteomyelitis (CRMO). Pediatr Rheumatol Online J. 2013;11:47.
 
4) Sharma M, Ferguson PJ. Autoinflammatory bone disorders: update on immunologic abnormalities and clues about possible triggers. Curr Opin Rheumatol. 2013;25:658.
 
5) Majeed HA, Kalaawi M, Mohanty D, et al. Congenital dyserythropoietic anemia and chronic recurrent multifocal osteomyelitis in three related children and the association with Sweet syndrome in two siblings. J Pediatr. 1989;115:730.
 
6) Ferguson PJ, Chen S, Tayeh MK, et al. Homozygous mutations in LPIN2 are responsible for the syndrome of chronic recurrent multifocal osteomyelitis and congenital dyserythropoietic anaemia (Majeed syndrome). J Med Genet. 2005;42:551.
 
7) Valdearcos M, Esquinas E, Meana C, et al. Lipin-2 reduces proinflammatory signaling induced by saturated fatty acids in macrophages. J Biol Chem. 2012;287:10894.
 
8) Aksentijevich I, Masters SL, Ferguson PJ, et al. An autoinflammatory disease with deficiency of the interleukin-1-receptor antagonist. N Engl J Med. 2009;360(23):2426-2437.
 
9) Reddy S, Jia S, Geoffrey R, et al. An autoinflammatory disease due to homozygous deletion of the IL1RN locus. N Engl J Med. 2009;360:2438.
 
10) Grosse J, Chitu V, Marquardt A, et al. Mutation of mouse Mayp/Pstpip2 causes a macrophage autoinflammatory disease. Blood. 2006;107:3350.
 
11) Chitu V, Ferguson PJ, de Bruijn R, et al. Primed innate immunity leads to autoinflammatory disease in PSTPIP2-deficient cmo mice. Blood. 2009;114:2497.
 
12) Cassel SL, Janczy JR, Bing X, et al. Inflammasome-independent IL-1β mediates autoinflammatory disease in Pstpip2-deficient mice. Proc Natl Acad Sci U S A. 2014;111:1072.
 
13) Lukens JR, Gross JM, Calabrese C, et al. Critical role for inflammasome-independent IL-1β production in osteomyelitis. Proc Natl Acad Sci U S A. 2014;111:1066.
 
14) Lukens JR, Gurung P, Vogel P, et al. Dietary modulation of the microbiome affects autoinflammatory disease. Nature. 2014;516:246.
 
15) Hofmann SR, Roesen-Wolff A, Hahn G, Hedrich CM. Update: Cytokine Dysregulation in Chronic Nonbacterial Osteomyelitis (CNO). Int J Rheumatol. 2012;2012:310206.
 
16) Scianaro R, Insalaco A, Bracci Laudiero L, et al. Deregulation of the IL-1β axis in chronic recurrent multifocal osteomyelitis. Pediatr Rheumatol Online J. 2014;12:30.
 
17) Hofmann SR, Schwarz T, Möller JC, et al. Chronic non-bacterial osteomyelitis is associated with impaired Sp1 signaling, reduced IL10 promoter phosphorylation, and reduced myeloid IL-10 expression. Clin Immunol. 2011;141:317.
 
18) Hofmann SR, Morbach H, Schwarz T, Rösen-Wolff A, Girschick HJ, Hedrich CM. Attenuated TLR4/MAPK signaling in monocytes from patients with CRMO results in impaired IL-10 expression. Clin Immunol. 2012;145:69.
 
19) Jansson A, Renner ED, Ramser J, et al. Classification of non-bacterial osteitis: retrospective study of clinical, immunological and genetic aspects in 89 patients. Rheumatology (Oxford). 2007;46:154.
 
20) Catalano-Pons C, Comte A, Wipff J, et al. Clinical outcome in children with chronic recurrent multifocal osteomyelitis. Rheumatology (Oxford). 2008;47:1397.
 
21) Fritz J, Tzaribatchev N, Claussen CD, Carrino JA, Horger MS. Chronic recurrent multifocal osteomyelitis: comparison of whole-body MR imaging with radiography and correlation with clinical and laboratory data. Radiology. 2009;252:842.
 
22) Beck C, Morbach H, Beer M, et al. Chronic nonbacterial osteomyelitis in childhood: prospective follow-up during the first year of anti-inflammatory treatment. Arthritis Res Ther. 2010;12:R74.
 
23) Hofmann C, Wurm M, Schwarz T, et al. A standardized clinical and radiological follow-up of patients with chronic non-bacterial osteomyelitis treated with pamidronate. Clin Exp Rheumatol. 2014;32:604.
 
24) Miettunen PM, Wei X, Kaura D, Reslan WA, et al. Dramatic pain relief and resolution of bone inflammation following pamidronate in 9 pediatric patients with persistent chronic recurrent multifocal osteomyelitis (CRMO). Pediatr Rheumatol Online J. 2009;7:2.
 
25) Eleftheriou D, Gerschman T, Sebire N, et al. Biologic therapy in refractory chronic non-bacterial osteomyelitis of childhood. Rheumatology (Oxford). 2010;49:1505.
 
26) Huber AM, Lam PY, Duffy CM, et al. Chronic recurrent multifocal osteomyelitis: clinical outcomes after more than five years of follow-up. J Pediatr. 2002;141:198.


情報提供者
研究班名自己炎症性疾患とその類縁疾患の全国診療体制整備、重症度分類、診療ガイドライン確立に関する研究班
研究班名簿 
情報更新日令和2年8月