メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> スミス・マギニス症候群(指定難病202)

スミス・マギニス症候群(指定難病202)

すみすまぎにすしょうこうぐん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

私の在住する地域にスミス・マギニス(Smith-Magenis)症候群の専門家がいません。どうすればよいでしょうか。

担当の小児科・小児外科等各科の先生方にこの疾患の特徴についてご理解いただければ、心配はありません。

スミス・マギニス(Smith-Magenis)症候群のホームページ等を見ると、いろいろな合併症が書かれています。私の子どもにもいずれ、これらの合併症が起こるのでしょうか。

症状の出方は患者さんによって異なります。全員に全部の合併症が起こる訳ではありません。定期的に主治医の先生の所に通院いただき、必要に応じて検査や治療を進めればよいと思います。

治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 マイクロアレイ染色体検査でみつかる染色体微細構造異常症候群の診療ガイドラインの確立研究班
研究班名簿   
新規掲載日平成28年1月11日