メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> マリネスコ・シェーグレン症候群(指定難病112)

マリネスコ・シェーグレン症候群(指定難病112)

まりねすこしぇーぐれんしょうこうぐん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

どのような病気ですか?

乳幼児期に発育・発達の遅れで気づかれることの多い病気です.知能低下に加え、筋肉の力が弱い、バランスが悪い、などを認めますが、急に悪くなることはありません.また学齢期前に両側の白内障が突然現れ、急速に進行します.視力を保つためには早期に発見し、手術をすることが大切です.

治療法はありますか?

今のところ、根本治療はありません.白内障に対しては、手術をする事で、視力を保つことが出来ます.バランスや筋力の低下に対しては、対症療法を行います.知的発達に会わせた教育が必要になります.

治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 希少難治性筋疾患に関する調査研究班
研究班名簿   
新規掲載日平成27年11月9日