メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> 大田原症候群(指定難病146)

大田原症候群(指定難病146)

おおたはらしょうこうぐん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

睡眠時脳波で suppression-burst パターンを認めましたが、覚醒時脳波の記録が困難で出来ていません。他の発作症状などの臨床的特徴が合致すれば、大田原症候群と診断してよいでしょうか。

覚醒時脳波で suppression-burst パターンを確認できていない症例は、あくまでも疑診例であるといえます。脳波は努めて覚醒時と睡眠時の両方を記録する必要があります。

治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 稀少てんかんに関する調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
新規掲載日平成27年7月22日