メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> 高安動脈炎(大動脈炎症候群)(指定難病40)

高安動脈炎(大動脈炎症候群)(指定難病40)

たかやすどうみゃくえん(だいどうみゃくえんしょうこうぐん)

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

この病気にかかっている者ですが、結婚して大丈夫ですか。妊娠して子供が産めますか?

若い女性の方に発症しやすい病気なのでこのような悩みを持っておられる方がたくさんおられます。しかし、本症はほとんどのかたが日常生活に差し支えない程度に回復します。ですから結婚には問題ないと思います。次に妊娠、出産ですが、主治医の先生とよくご相談されることをお勧めします。まず、炎症を十分に鎮静化させることが大事です。通常、妊娠、出産に差し支えない方がほとんどですが、脳や心臓、腎臓などに大きな障害を持っている場合は、慎重に検討しないといけない場合があります。また、まれですが、妊娠、出産を契機に高安動脈炎が再燃するかたがおられます。

胸のレントゲンで動脈の石灰化を指摘されました。自分はなんともないのですが、診察を受ける必要がありますか?

胸部大動脈の石灰化は年輩の方で動脈硬化の進んだ人には見られますが、若い方の場合は、まず本症が疑われます。自覚症状がなくても一度医師の診察を受けて下さい。

頭を急に上げたり下げたりすると、めまいを生じます。これもこの病気からくるのでしょうか?

高安動脈炎に伴って生じるめまいですが、頭部を栄養している血管が閉塞あるいは狭窄していて、動作に伴って一時的に頭部への血流が低下してめまいなど頭部乏血症状が起こることがあります。また、頸動脈洞反射亢進といって、血圧を感知する部分が高安動脈炎によって障害を受け、極端に血圧が動揺することによってめまい、ひどい場合には失神する方もいます。さらに脳梗塞などの障害がある場合もめまいを引き起こすことがあります。
しかしながら、めまいを引き起こす病気は他にもたくさんあり、緊急を要する疾患もありますから、すぐに医師の診察を受けることが必要です。

大動脈炎症候群の診断・治療指針の病因の中に、「特にHLA-B*52陽性高安動脈炎患者ではB*52陰性例に比して有意に強い血管炎を生じる傾向があり、ステロイド投与量がB*52陰性例に比較して多量である。さらに本症の予後に大きな影響を与える大動脈弁閉鎖不全症の合併する割合がB*52陽性例では増加していることが明らかになっている。」とありますが、このことが示されている具体的な文献名を教えてください。

記載している可能性のあるものは下記の論文・報告書と思われます。 Comparative studies between Japanese and Korean patients: comparison of the findings of angiography, HLA-Bw52, and clinical manifestations. Heart Vessels Suppl. 1992;7:102-5. 厚生省難治性血管炎研究班 平成5-7年 長沢俊彦先生班長『血清学的タイピングによるHLA-B52と高安動脈炎発症との相関』

治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 難治性血管炎に関する調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
情報見直し日平成26年12月25日