メニュー


HOME >> 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) >> 「多発性内分泌腫瘍症診療標準化と患者支援、新たな治療開発に関する研究」班

「多発性内分泌腫瘍症診療標準化と患者支援、新たな治療開発に関する研究」班

疾患概要 一覧へ戻る

「多発性内分泌腫瘍症診療標準化と患者支援、新たな治療開発に関する研究」班

区分 氏名 所属等 職名
研究代表者 櫻井 晃洋 信州大学医学部 遺伝医学・予防医学講座 准教授
研究分担者 今井 常夫 名古屋大学医学部附属病院 乳腺・内分泌外科 講師
内野 眞也 野口病院 外科 部長
岡本 高宏 東京女子医科大学 内分泌外科 教授
小杉 眞司 京都大学大学院医学研究科 健康管理学 教授
鈴木 眞一 福島県立医科大学 乳腺・内分泌外科 教授
研究協力者 堀内 喜代美 東京女子医科大学 内分泌外科 助教
村上 裕美 京都大学大学院医学系研究科 博士課程 大学院生
山崎 雅則 信州大学医学部創薬科学講座 准教授
殿林 正行 多発性内分泌腫瘍症患者・家族の会 副会長