メニュー


HOME >> 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) >> 「VATER症候群の臨床診断基準の確立と新基準にもとづく有病率調査および・iPS細胞の確立」班

「VATER症候群の臨床診断基準の確立と新基準にもとづく有病率調査および・iPS細胞の確立」班

疾患概要 一覧へ戻る

特発性大腿骨頭壊死症の診断・治療・予防法の開発を目的とした全国学際的研究

区分 氏名 所属等 職名
研究代表者 小崎健次郎 慶應義塾大学医学部臨床遺伝学センター 教授
研究分担者 高山真一郎 独立行政法人国立成育医療研究センター・臓器・運動器病態外科部 部長
黒澤健司 地方独立行政法人神奈川県立病院機構
神奈川県立こども医療センター 遺伝科
部長
小崎里華 独立行政法人国立成育医療研究センター・器官病態系内科部・遺伝診療科 医長
岡本伸彦 地方独立行政法人大阪府立病院機構
大阪府立母子保健総合医療センター 遺伝診療科
主任部長
水野誠司 愛知県心身障害者コロニー中央病院 臨床第一部 臨床第一部長
工藤純 慶應義塾大学医学部遺伝子医学研究室 教授
星野健 慶應義塾大学医学部外科教室小児外科学 講師
赤松和土 慶應義塾大学医学部生理学教室 講師
谷口善仁 慶應義塾大学医学部衛生学公衆衛生学教室 講師
加部泰明 慶應義塾大学医学部医化学研究室 講師
研究協力者 吉橋博史 東京都立小児総合医療センター 臨床遺伝科 医長
奥野博庸 慶應義塾大学医学部小児科学教室 医師