片側巨脳症(指定難病136)

へんそくきょのうしょう
 

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

半球離断術を受けた場合に起きる合併症について教えてください。

主な合併症として、麻痺が強くなることと、視野障害があります。
 片側巨脳症の半球離断術は、巨脳症側の大脳半球を切り離す手術法です。このため、巨脳症の反対側の手足の麻痺が強くなり、手の指をうまく使うことが難しくなったり、歩くのに装具が必要となったりします。巨脳症の反対側(右の巨脳症であれば左側)の視野の障害が必ず生じます。術後は継続的にリハビリテーションを受ける必要があります。このような合併症がありますが、難治なてんかん発作がある場合には、手術をするメリットの方が大きいと考えられます。

 

情報提供者
研究班名 稀少てんかんに関する包括的研究班
研究班名簿 研究班ホームページ
情報更新日 令和4年3月(名簿更新:令和4年7月)