甲状腺ホルモン不応症(指定難病80)

こうじょうせんほるもんふおうしょう

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

甲状腺の病気としてバセドウ病とか橋本病というのを聞いたことがありますが、甲状腺ホルモン不応症との関係はどのようになっていますか?

セドウ病も橋本病も自己免疫疾患と呼ばれる病気に分類されています。これに対し、甲状腺ホルモン不応症は遺伝子異常による家族性・先天性疾患ですから、バセドウ病や橋本病とはまったく違う部類に属します。ただ、甲状腺ホルモン不応症ではバセドウ病によく見られる頻脈(脈が速い)や甲状腺が腫れる(びまん性甲状腺腫)といった症状をあらわす症例も多く、何より両方とも血液中の甲状腺ホルモンは増えますので、正しい診断を受けることが重要です。一方、橋本病(慢性甲状腺炎)の発症頻度は非常に高いため、甲状腺ホルモン不応症の患者さんが橋本病も合併していることは十分考えられます。橋本病が原因で甲状腺機能低下症になることがありますが、治療の際、甲状腺ホルモン不応症を合併しているか否かを把握していることは経過観察や治療にはとても重要なことです。非常に稀ではありますが、バセドウ病に甲状腺ホルモン不応症が合併することもあります。

癌との関係はありますか?

一般には関係ないとされています。甲状腺ホルモン不応症のモデルマウスで甲状腺癌が発症したという報告はありますが、ヒトの症例で甲状腺癌との関連は確認されていません。

伝染しますか?

しません。

何を食べたら良いですか?どんな生活をしたら良いですか?

頻脈がある人が無理な運動などをしなければ、この病気であるからといって食べ物や生活に特別な制限はありません。

患者さんに子供がいた場合、検査は必要ですか?

患者さんの子供さんは2分の1の確率で同じ病気になります。そのため、甲状腺機能検査を受けることをお勧めします。具体的には採血によってフリーT4 (FT4)とTSHを測定してもらいます。その結果、患者さんに似た検査結果が得られれば、甲状腺ホルモン不応症と考えられます。この病気で一番問題になるのは、バセドウ病と間違えられて適切でない治療を受けることです。子供さんがこの病気にかかっていることをあらかじめ知っていれば、このような不適切な治療を避けることができます。また、この病気でもし脈が速くなる頻脈という症状を伴う場合、放置しておくと心房細動という心臓の病気の原因になることが危惧されます。この病気であることが分かっていたら、頻脈を抑える薬を服用することにより、心房細動を予防できる可能性があります。逆に分かっていなければ、予防することは難しくなりますから、この病気かどうかを知っておく方が子供さんにとって有益であると考えられます。

診断は難しいのですか?

約4万人に1人という稀な病気ですし、特徴的症状にも乏しいため、患者さんが「私は甲状腺ホルモン不応症ではないか?」と考えて受診することはまずないと思われます。脈が速いとか甲状腺(のどぼとけの下)が腫れていることを偶然に医師に指摘され、バセドウ病ではないかということで甲状腺機能検査を受けたら,この病気に特徴的な結果が得られたことから疑われる場合がほとんどのようです。その特徴的結果というのは血液中の甲状腺ホルモンの指標であるフリーT4 (FT4)が高いのに、普通なら低くなるはずの甲状腺刺激ホルモン(TSH)の濃度が正常範囲内にあるか上昇していることです。このような病態をTSH不適切分泌症候群といいますが、これは甲状腺ホルモン不応症だけでなく、脳下垂体にできるTSH産生腫瘍という病気にも共通した異常所見です。ですから、甲状腺ホルモン不応症と鑑別しなければならない病気はTSH産生腫瘍ということになります。この鑑別は、専門医でも易しくはありません。一番簡単に鑑別できるのは、家族に同じような検査所見を持つ人がいるかどうかということです。TSH産生腫瘍という病気は、遺伝性の病気ではありませんから、もし、親、兄弟・姉妹、子に同じような検査所見を示す人がいたら、まず甲状腺ホルモン不応症であると言えます。しかし、家族の甲状腺機能検査に異常があるかどうかは分からないこともありますし、患者さんの代で初めて突然変異が起こった場合も多いです。そこで、お勧めしたい検査がβ型甲状腺ホルモン受容体の遺伝子解析です。この検査で遺伝子の変異が見つかり、そのために受容体の機能が損なわれていることが確認できれば、この病気の診断は確定するからです。実際には血液を数ml採血するだけで検査はできます。しかし、後で述べるように、受容体に異常が無くてもこの病気になっている人もいますので、異常が無かったからといってこの病気でないとは言えません。この場合、TSH産生腫瘍とこの病気の両方の可能性を考えながら経過観察をすることになりますので、定期的な甲状腺機能検査と下垂体MRI検査が必要となります。

病気の克服のため原因や治療についてどんな研究をしていくのですか?

病因の多くはβ型甲状腺ホルモン受容体の機能異常であることが判明しています。この機能異常を引き起こす原因のほとんどはβ型甲状腺ホルモン受容体遺伝子の変異によるものです。しかし、この遺伝子変異はおよそ8割の家系にしかみつかっておらず、残りの家系では「何らかの原因でβ型甲状腺ホルモン受容体機能が損なわれる」というだけで、その理由・原因はまだ明らかになっていません。この点が今後明らかにされなければならない研究課題となっています。
治療については、多くの患者さんでは治療の必要がありませんが、心臓は血液中の甲状腺ホルモンが増加した影響を受けやすいため、脈拍数が増加して少し運動しただけ、あるいは安静にしていても胸がドキドキする、つまり動悸を感じる患者さんが多いことも事実です。これを放置しておくと心房細動という心臓の病気に発展する可能性もあります。動悸に対しては脈を抑える薬がありますので、これを服用した方が良いと考えられますが、このことに関しては、今後、調査研究などでさらに検討しなければならない問題だと考えています。一方、甲状腺の腫れがひどいことも患者さんを悩ませる症状の1つで、この治療法の開発研究も重要なテーマの1つです。また、落ち着きのなさや注意欠陥多動障害といった症状も治療が難しいのが現状です。


情報提供者
研究班名ホルモン受容機構異常に関する調査研究班
研究班名簿 
情報更新日令和元年6月