メニュー


HOME >> 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) >> 遺伝子修復異常症の実態調査、早期診断法の確立に関する研究(平成23年度)

遺伝子修復異常症の実態調査、早期診断法の確立に関する研究(平成23年度)

176.疾患概要 195.疾患概要 224.疾患概要 234.疾患概要 一覧へ戻る

遺伝子修復異常症(Bloom症候群、Rothmund-Thomson症候群、RAPADILINO症候群、Baller-Gerold症候群)の実態調査、早期診断法の確立に関する研究

区分 氏名 所属等 職名
研究代表者 金子 英雄 独立行政法人国立病院機構長良医療センター 臨床研究部長
研究分担者 深尾 敏幸 岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科医療情報学専攻 教 授
谷内江 昭宏  金沢大学医薬保健研究域小児科講座 教 授
清河 信敬 独立行政法人国立成育医療センター研究所 部 長
内田 靖 独立行政法人国立病院機構長良医療センター 部 長
滝田 順子 東京大学医学部附属病院無菌治療部  講 師
山崎 直也 国立がんセンター皮膚腫瘍科 科長
田内 久道 愛媛大学医学部附属病院小児科 准教授
研究協力者 近藤 直実 岐阜大学大学院医学系研究科小児病態学 教 授
松井 永子 岐阜大学大学院医学系研究科小児病態学 講師(臨床准教授)
寺本 貴英 岐阜大学大学院医学系研究科小児病態学 講師(臨床准教授)
折居 建治 岐阜大学医学部附属病院NICU 准教授
大西 秀典 岐阜大学医学部附属病院小児科 臨床講師(助教)