ハッチンソン・ギルフォード症候群(指定難病333)

はっちんそんぎるふぉーどしょうこうぐん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

1. 「ハッチンソン・ギルフォード症候群」とはどのような病気ですか

1886年にJonathan Hutchinsonと1897年にHasting Gilfordが報告したことから命名された疾患です。遺伝性早老症の中でも特に症状が重い疾患で、動脈硬化による 重篤 な脳や心臓の血管障害が10歳台で起こることが多く、平均寿命は14.6歳と報告されています。

2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか

きわめて稀な疾患で、国内で10例程度、全世界で350~400人の患者さんが報告されています。

3. この病気はどのような人に多いのですか

出生後から痩せ気味で皮下脂肪が少なく皮膚が厚く光沢があり、身長体重の伸びが著しく悪く、髪の毛も少なく四肢の関節が少し曲がった状態で十分伸びないのが特徴とされています。

4. この病気の原因はわかっているのですか

典型に分類される患者さんでは、LMNA遺伝子内の点突然 変異 c.1824C>T (p.Gly608Gly)によりプロジェリンと呼ばれる異常物質が産生されます。典型的な臨床表現型の患者さんの約9割がこの病的バリアントを保有しています。患者さんでは、加齢とともにプロジェリンが全身の細胞にたまってきて老化を引き起こすと考えられています。

5. この病気は遺伝するのですか

典型に分類されるほとんどの患者さんはLMNA遺伝子の突然変異が原因のため通常は遺伝しません。LMNA遺伝子を含めた核ラミナを構成する分子の遺伝子変異によるラミノパチーに分類される患者さんの場合、タイプにより常染色体劣性や常染色体優性の遺伝形式をとる疾患もあります。

6. この病気ではどのような症状がおきますか

正常新生児として出生しますが、乳児期早期から皮膚が硬く光沢を帯びた感じに変化し、身長体重の伸びの著しい低下が現れてきます。乳幼児期から脱毛、前額突出、小顎等の早老様顔貌、皮膚の萎縮や硬化と関節拘縮(硬くて動きが悪くなること)が観察されるようになります。また、動脈硬化性疾患による重篤な脳血管障害や心血管疾患は加齢とともに顕在化し 生命予後 を規定する重要な合併症です。悪性腫瘍は10歳前後から起こる合併症として重要です。

7. この病気にはどのような治療法がありますか

現時点では確立した治療法はありません。それぞれの症状に対する対症療法が主となりますが、近年Gタンパク質のファルネシル転移 酵素阻害薬 による治療が海外で試されており一定の効果が報告されています。

8. この病気はどういう経過をたどるのですか

典型に分類される患者さんは10歳代でほぼ全例が亡くなってしまうと報告されています。一方で、非典型の患者さんでは40歳以上の長期生存例も報告されていますが、動脈硬化性の血管障害に加え,がんの発生(特に多重がん)に留意する必要があります。

9. この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか

それぞれの症状に合わせた社会的サポートを受けて頂くことが大切です。また定期的な検査と予防療法が大切です。

10. この病気に関する資料・関連リンク

NPO法人のProgeria Research Foundationが英語のホームページで詳細な情報・資料を公開しています (https://www.progeriaresearch.org/) 。2019年4月の時点で123人の患者さんが登録されています。

情報提供者
研究班名早老症の医療水準やQOL向上を目指す集学的研究班
研究班名簿 
情報更新日令和元年6月