好酸球性消化管疾患(新生児-乳児食物蛋白誘発胃腸炎)(指定難病98)

しんせいじ-にゅうじしょくもつたんぱくゆうはついちょうえん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

どんな症状があった時にこの病気を疑いますか?

新生児-乳児食物蛋白誘発胃腸炎は、赤ちゃんが生まれてすぐ、もしくは乳児期全般でミルクや母乳を飲んだ後、数時間~数日してから、何度も吐く、血便が出る、体重が増えなくなるなどの症状が見られた時に疑います。ただ、これらの症状は、たくさんある他の病気でも見られるため、医師たちはいろいろな病気ではないかと調べなければなりません。ある程度調べて、この病気を疑ったら、治療ミルクに変更します。これにより症状の改善があれば、かなり確からしいということになります。患者数が増え始めて間もないこと、確実性のある診断検査がないことから、診断は簡単ではないのが現状です。

遺伝的な要因の関与はありますか?

新生児-乳児食物蛋白誘発胃腸炎は、通常の即時型食物アレルギーと違って、ご両親のアレルギー体質は関係しないようです。2000年ころから急激に増えていることを考えると、遺伝よりも他の要因が大きいと考えられます。上のお子さんがこの病気だったとしても、次の赤ちゃんがそうなる確率は非常に低く、心配はしない方が良いと思います。お母さんの生活も特に変える必要はありません。

原因が、牛乳、大豆、米などに多いのであれば、予防のためにこれらの食物を除去したほうが良いのでしょうか。

この病気になっていない方は、これらを除去することは良くありません。人間には、アレルギーを治す免疫の力がありますが、特に乳児期にはこれを活性化するために、様々な抗原を摂取したほうが良いのです。病気がないのであれば、牛由来のミルクも飲むし、生後5か月からはさまざまな離乳食を積極的に摂取すべきです。病気がないのに除去をしているとアレルギーを治す免疫が成立せずに、その食物に対して本当にアレルギーになることがあります。
お母さんも次のお子さんを妊娠されたときに、牛乳などの摂取を制限しないでください。調査では、牛乳をよく飲んでいたお母さんからも、除去に近いお母さんからもこの病気の赤ちゃんが生まれていて、妊娠中の牛乳除去は意味がないと考えられています。

母乳が原因かもしれません。どうすればよいでしょうか?

この病気はなかなか診断や、原因食物の特定が難しいので、母乳が原因と疑われる場面は多いと思います。一旦、治療ミルクだけにして、母乳を飲ませずに2~4週間様子を見る方法があります。このときお母さんは、母乳分泌を止めないために、睡眠中以外は3時間おきに母乳を搾乳しきることが大切です。母乳を中断している間に、赤ちゃんの病状がはっきりと改善すれば母乳が原因ではないかと疑います。
母乳を再開するときは、3日前からお母さんが乳製品を除去するとよいでしょう。牛乳、バター、チーズ、ヨーグルト、生クリームなどを除去します。しかし、これらを除去すると、母体のカルシウムが不足してしまいます。必ずカルシウムのサプリメントなどを摂ってください。野菜や小魚でカルシウムを補給しようとしても、ほとんど足りていませんので注意願います。

離乳食を開始するときはどうすればよいですか?

一時期、離乳食を遅らせることによって食物アレルギーの発症がおさえられるのではないかと、世界中で考えられた時期がありました。現在はこれが間違いであったとされています。人にはアレルギーを抑える側の免疫システムがあり、症状が出ない量を毎日食べていると、これが活性化され、食物アレルギーを治してしまうことがはっきりとわかってきました(経口免疫寛容)。このため、乳児期から様々な食物を食べて、体を慣れさせることが大切です。
新生児-乳児食物蛋白誘発胃腸炎の患者さんは、3週間ある食物を毎日食べて、症状がなければ、その食物はたべても大丈夫と言えます。米と大豆に10%の患者さんが反応しますので、5か月になったら米を3週間毎朝食べて、症状がなければOKとします。続いて豆腐も加えて3週間毎朝食べて大丈夫なら大豆は大丈夫です。その後は、原因食物以外はすべて食べてゆくと良いでしょう。野菜や果物に反応する患者さんは少ないので、これらは4か月頃から練習にミキサーしたものを食べても良いと思います。

この病気は治りますか?

原因食物がわかって、これを適切に除去できた場合、1歳で50%、2歳で80%、3歳で90%の方が、治っています。治ったことを確かめるには、3週間毎日、朝、原因食物を摂取して、症状が出ない、健康であることを確認します(昼以降に食べると真夜中に、腹痛や嘔吐、血便など起きる可能性があります)。必ず医師と相談の上、行ってください。ひどい嘔吐やショック、腸閉塞などが予測される患者さんは、入院で最初の1週間程度は見たほうが安全です。

用語解説
1. 即時型食物アレルギー
一般的な食物アレルギー、原因食物を食べて数分~2時間以内に蕁麻疹、呼吸器症状などで発症する。新生児-乳児食物蛋白誘発胃腸炎は、全く別の病気である。

2. IgE(免疫グロブリンE)
即時型食物アレルギーが始まる鍵となる分子。血液検査ではこれを測定することが多い。新生児-乳児食物蛋白誘発胃腸炎では、これとは関係なく、免疫反応が起きるため、この検査があまり役に立たない。

3. 非即時型反応
新生児-乳児食物蛋白誘発胃腸炎は、消化管で起こる、非即時型反応である。ゆっくりとした反応であり、食物を摂取して、数時間~数日後に反応が始まる。


情報提供者
研究班名乳児~成人の好酸球性消化管疾患、良質な医療の確保を目指す診療提供体制構築のための研究班
研究班名簿 
情報更新日令和2年8月