本文へジャンプ
用語:
半側空間無視(はんそくくうかんむし)

片方の空間にある物を見落としてしまうことです。ふつう経験しない症状なので分かりにくいですが、例えば体の左側については見えていても「認識できない」のです。そのため、左側の電柱にぶつかったり、左においてあるおかずを食べなかったりします。脳の特定の部位が障害されると起こる症状であることが分かっています。
図:お膳の左側を見落とし、ご飯を食べ残している(村井敦子.大脳皮質基底核変性症 診療とケアマニュアルより)。