本文へジャンプ
用語:
常染色体劣性遺伝(じょうせんしょくたいれっせいいでん)

病気の原因となる遺伝子が常染色体の上にあり、一対の遺伝子両方に異常があると発病する場合を指す。常染色体の上にある片方の遺伝子の異常で発病する場合は、優性遺伝という。