本文へジャンプ
用語:
関節症性変化(かんせつせいへんか)

関節の病気によって、関節軟骨がすり減ったり、骨棘(骨のとげ)などができてくること。