本文へジャンプ
用語:
点状出血(てんじょうしゅっけつ)

毛細血管(末梢の小さい血管)が破れて生じる、赤色ないし紫色の点(微小出血)のこと。皮膚を強くこすったりするとみられますが、血小板機能の低下や血小板数の減少、凝固因子の低下などによってもみられます。