メニュー


HOME >> 病気の解説(一般利用者向け) >> 加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

かれいおうはんへんせい

1. 加齢黄斑変性とは

網膜の中心部直径6000μmの範囲は黄斑とよばれ、ものを見るときに最も大切な働きをします。この黄斑の働きによって私達は良い視力を維持したり、色の判別を行ったりします。この黄斑が加齢にともなって様々な異常をきたした状態を加齢黄斑変性といいます。加齢黄斑変性は「滲出型」と「萎縮型」に分けられます。「萎縮型」は徐々に黄斑の網膜の細胞が減っていくタイプで、黄斑に地図状の萎縮病巣(網膜が薄くなった状態)ができます。このタイプでは、長い間かかってゆっくり視力が低下していきます。治療法は色々なものが考えられていますが、現在のところまだありません。もう一つの「滲出型」は、その名の通り、血液の中の水がにじみ出てきて(滲出)、黄斑に障害が生じるタイプです。出血することもあります。出血や滲出は「脈絡膜新生血管」といって、網膜の奥の脈絡膜からでてきた、正常な血管とは異なるもろい血管からおこりま す。以下は「滲出型」について述べたものです。

2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか

現在日本でこの病気は増加傾向がみられるとされていますが、現段階での頻度を正確に把握することはできません。九州の久山町の住民を対象にして、1998年に行われた研究では、少なくとも1眼に加齢黄斑変性がみられる人は50歳以上の人口の0.87%を占めていました。日本人の総人口に直すと 約37万人になります。このうち、滲出型が0.67%でした。9年後の2007年に行われた再調査では加齢黄斑変性は1.3%、滲出型は1.2%にみられました。日本の人口に換算すると、加齢黄斑変性の推定患者数は69万人であり、9年間で約2倍に急増していました。加齢黄斑変性は現在、日本人の視覚障害の原因の第4位に位置しています。

3. この病気はどのような人に多いのですか

加齢にともなって起きる病気ですので50歳以上に見られますが、加齢に伴い増加し、70歳以上に多くみられます。また滲出型は男性に多く、男性は女性の約3倍の頻度でみられます。約20%は両眼性に発症し、高齢になるほど両眼性の人が多くなります。喫煙は日本人でもっとも関連が深い危険因子で、長年吸っている、1日にたくさん吸う、肺まで吸い込む人では危険率が高くなり、喫煙をしない人と比べて4~5倍発症しやすくなります。太陽光(紫外線)、血圧、体重、虹彩の色などとの関連性が報告されていますが、否定的な報告もあり、年齢と喫煙が最も確実なものとされています。最近、遺伝的な背景が関係あることがわかってきました。また、特定のビタミンや栄養素の摂取量が少ないこと、高脂肪食や運動不足などの生活習慣もこの病気に関わってきていることが徐々に明らかになってきました。

4. この病気の原因はわかっているのですか

詳しい原因はわかっていませんが、滲出型では網膜を栄養していて網膜のすぐ外側にある脈絡膜から、網膜にむかって新生血管という病的なもろい血管が発育して、これによって出血や、血液中の水分が漏れ出し黄斑に腫れが起こります。新生血管の発育には網膜色素上皮と脈絡膜の間にあるブ ルッフ膜が、老化に伴う老廃物の沈着のために厚くなることと関係があります。この病的な新生血管が発生する原因となる網膜色素上皮やブルッフ膜の変化には、加齢や炎症、遺伝的要因が指摘されています。

5. この病気は遺伝するのですか

この病気はしばしば家族内で発症したり、双子で発症したりする事が報告されていますので、遺伝的背景が影響しているのは確実です。しかしすべての患者さんに遺伝歴が証明される訳ではなく、むしろ実際には遺伝歴が証明されない場合のほうが多いです。これはこの病気が高齢者に多いため、はっきりとした家族歴が把握できないことが多いためと、遺伝子に加えて、環境がかなり影響しているためであると考えられます。最近この病気の特有のいくつかの遺伝子の変異が見つかり、この病気になりやすい人となりにくい人があることが明らかになってきています。

6. 滲出型加齢黄斑変性には色々なタイプがあるのですか

滲出型は脈絡膜から異常な新生血管が網膜の方に向かって発育していくのですが、滲出型には通常の典型的なタイプのほかに特殊なタイプが2つあります。特殊なタイプの1つ目は脈絡膜から出た異常な血管の先端がポリープのようにふくらんで塊を作っているもので、日本人にはこのタイプが「滲出型」の約半数と多く見られます。2つ目は新生血管が網膜の血管に栄養されているもので、日本人には少ないのですが、新生血管は急速に大きくなり、網膜内から脈絡膜まで拡大し、視力が急激に低下するタイプです。

7. この病気ではどのような症状がおきますか

網膜の中心部が傷害されますので、まず視野の真ん中、すなわち最も見ようとするところに症状がでます。最初は物がゆがんだり、小さく見えたり、暗く見えたりします。また急に視力が低下する場合もあります。黄斑に病気が限局していれば通常見えない部分は中心部だけですが、大きな網膜剥離や出血がおこればさらに広い範囲が見えなくなります。

8. この病気はどういう経過をたどるのですか

この病気は原則として進行性ですが、その進行度や重症度には個人差があります。一般的にはドルーゼン(先に述べた老廃物)、網膜色素上皮の異常などの前ぶれとなる状態がありますが、前ぶれがあってもすべてが発病するわけではありません。本格的になると新生血管が発育し、出血や滲出が起こります。やがて新生血管が枯れ、出血や滲出が収まっても黄斑の組織の傷害と視力低下は永久に残ります。それによって、視野の中心部が見えない状態が続くことになりますが、視野の周辺部まで見えなくなってしまう方はごく少数です。

9. この病気にはどのような治療法がありますか

病気の進行度や重症度、また病気のタイプによって治療法はいくつかに分かれています。出血の予防のため止血剤を内服したり、黄斑に新鮮な出血が多いときには出血を動かす処置をすることがあります。また加齢黄斑変性になりやすい、後に述べる前ぶれの状態を黄斑にみとめる人では発病予防のために、生活習慣の改善(緑黄野菜や青背の魚、ナッツ類の摂取など食生活の改善、定期的な運動や、体重・血圧の管理)やサプリメントを摂取するのが有効だという報告があります。

滲出型では新生血管が黄斑の真ん中(中心窩といいます)になければ、新生血管に対するレーザー光凝固で新生血管を焼きつぶします。中心窩にある場合には、抗血管内皮増殖因子(VEGF)薬が第一選択になります。VEGFは、新生血管の発生、発育を促進するたんぱく質で、抗VEGF薬はVEGFの働きを中和したり遮断したりして新生血管の発育を抑えます。この治療では、抗VEGF薬を眼の中、つまり硝子体内に注射します。抗VEGF薬には、ルセンティス、アイリーア、マクジェンという3種類の薬があります。ルセンティスはある程度の視力改善が期待でき、治療効果が高いので、現在、最も多く使用されています。アイリーアは発売されたばかりですが、臨床試験の段階ではルセンティスとほぼ同じ効果があるとされ、今後多く使用されると予想されます。しかし、これらの薬では脳梗塞や脳出血の既往のある人では再発作がおこる可能性があるため、危険性と有用性を考えて使用する必要があります。 その点マクジェンは安全ですが、治療効果はルセンティスやアイリーアほど高くありません。そのためマクジェンの使用は初期の小さな病変やルセンティスやアイリーアを使って視力が上がった場合、その視力を維持することを目的にするなどに限られます。光線力学療法といって、光を感じやすくする薬と弱いレーザー光を使って新生血管を血栓で詰まらせる方法もあります。光線力学療法は視力維持を狙う治療法ですが、日本人に多いポリープを示すタイプには光線力学療法は有用で、抗VEGF薬と比べると改善の程度は低いですが視力が改善します。抗VEGF薬だけでは治りにくい方や、6.で述べた特殊なタイプの新生血管を持つ方には抗VEGF薬と光線力学療法を併用する場合もあります。中心窩の新生血管に対する治療は、新生血管の大きさや活動性、病気のタイプ、全身状態などによって個々に決める必要があります。
情報提供者
研究班名 視覚系疾患調査研究班(網膜脈絡膜・ 視神経萎縮症)
研究班名簿   
情報更新日平成24年12月27日