メニュー


HOME >> 各種制度・サービス概要 >> 経過措置の終了について

経過措置の終了について


※クリックすると画像が拡大されます。

〇軽症高額について
重症度分類を満たさない場合でも、軽症高額の要件を満たす方は認定対象となります。
〇高額かつ長期について
一般所得1以上の方で1か月ごとの指定難病の医療費総額が5万円を超える月が年間6回以上ある場合、自己負担が軽減されます。
 
※「軽症高額」と「高額かつ長期」の留意点
・申請する際には、「自己負担上限額管理票」又は「医療機関の領収書」が証明になります。
自己負担上限額管理票を医療費総額が軽症高額の場合は 33,330 円、高額かつ長期の場合は 50,000 円を超えるまで記載していただくこと、
又 は、医療機関の領収書を保管しておいていただくことが必要です。
・年間3回以上や年間6回以上の「年間」とは、申請日の月から起算して12月前の月から申請日の月までの期間を指します。
(例)平成 29 年 10 月に申請する場合:平成 28 年 11 月~平成 29 年 10 月


「軽症高額」と「高額かつ長期」の詳細はこちら