メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> 前頭側頭葉変性症(指定難病127)

前頭側頭葉変性症(指定難病127)

ぜんとうそくとうようへんせいしょう

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

この病気の予防法はありますか?

現時点で予防方法は明らかではありません。

この病気は医療費の補助はありますか?

2015年に指定難病となりました。所轄の役所に申請して下さい。

この病気の確実な診断方法はありますか?

確定診断は病理診断になりますので、あくまでも生前診断には限界があります。それでも、特徴的な性格変化、行動障害、言語障害などの臨床症状に加えて、頭部MRIやCTを組み合わせることなどを軸とする新しい診断基準では、約80〜90%の確率で正しい診断が出来るとする報告があります。

MRIやCTを確認することは必要ですか?

うつ病、発達障害、統合失調症などの疾患では、前頭側頭葉変性症と類似した症状を呈しえます。前頭側頭葉変性症では、前頭葉や側頭葉の萎縮をMRIやCTで認めますが、うつ病、発達障害、統合失調症ではそのような所見を認めないため、鑑別診断に有用です。どこかの段階で一度は撮影しておくことが望ましいですし、指定難病の申請ではMRIもしくはCTが必須となっています。

動きが悪くなることはあるのですか?

経過中に、パーキンソン症状、筋萎縮、筋力低下、四肢の突っ張りなどが出ることがあります。

治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 神経変性疾患領域における基盤的調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
新規掲載日平成27年12月25日