メニュー


HOME >> 病気の解説(一般利用者向け) >> マルファン症候群(指定難病167)

マルファン症候群(指定難病167)

まるふぁんしょうこうぐん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

1. 「マルファン症候群」とはどのような病気ですか

マルファン症候群は、全身の結合組織の働きが体質的に変化しているために、骨格の症状(高身長・細く長い指・背骨が曲がる・胸の変形など)、眼の症状(水晶体(レンズ)がずれる・強い近視など)、心臓血管の症状(動脈がこぶのようにふくらみ、裂けるなど)などを起こす病気で、症状はひとりひとり異なりますが、この病気の遺伝子の変化は、それを持つ親から子へと伝わります(遺伝します)。

2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか

およそ5,000人に1人がこの病気の遺伝子の変化をもっていると報告されています。最近、症状が必ずしもそろっていなくても同じように病気の原因となる遺伝子の変化が次々にみつかっているので、もう少し多い可能性があります。

3. この病気はどのような人に多いのですか

マルファン症候群の原因になる遺伝子の変化をもったひとがこの病気になります。男女差や人種により頻度が変わるわけではありません。ただし、遺伝子の変化があっても症状が現れるまでに年月がかかることがあります。

4. この病気の原因はわかっているのですか

マルファン症候群の原因は遺伝子の異常(変化)です。マルファン症候群の原因遺伝子はFBN1です。別の遺伝子(TGFBR1,TGFBR2,SMAD3,TGFB2,TGFB3)の変化でも少し症状は違いますが、似た症状をおこすことが最近わかってきました。後者についてはマルファン症候群として一つの病気と考えられることが少なくありませんが、症状の違いがあり、区別して対応する必要があると考えられるようになっています。

5. この病気は遺伝するのですか

常染色体優性遺伝ですので、確率論的にはマルファン症候群の親からマルファン症候群のお子さんが生まれる確率は50%ということになります。ただし、患者さんのおよそ4人に一人は両親のどちらもマルファン症候群ではなく、その人から遺伝子の変化が始まっています。こうした患者さんもそのお子さんには50%の確率で次の世代に遺伝します。隔世遺伝はありません。

6. この病気ではどのような症状がおきますか

1.に挙げた特徴的な症状(高身長や細く長い指など骨格の症状、眼の症状、心臓血管の症状)はすべての人にすべてあらわれるわけではありません。原因遺伝子がFBN1でない場合、上で述べたように症状が少し違うので、ロイス・ディーツ症候群と呼び区別されるようになっています。また、血管(胸の大動脈)の症状だけで身体の症状がない場合、病気のおこりかたも違いがあるので、家族性胸部大動脈瘤・解離として区別して診断治療される場合があります。心臓や血管の症状は、弁の働きが悪くなったり(弁膜症)、血管の膨らみがすすんで壁が裂けたりする(大動脈解離)ことが無ければ、自覚症状としてあらわれませんが、突然に血管が裂けると生命に関わる大きな出来事になることがあります。骨格の症状が強い場合には美容上の問題ばかりでなく、呼吸機能に影響したり腰痛など痛みの原因になることがあります。肺に穴が開く気胸という状態も起こります。眼の症状としては強い近視・乱視や水晶体のずれによる視力障害などがあります。

7. この病気にはどのような治療法がありますか

動脈の膨らみが進んだ場合や、動脈解離が起こってしまった場合には、外科手術により動脈を人工血管に置き換える必要があります。最近では、あらかじめ予定された手術の成績はかなり良くなっています。一方、一旦、大動脈解離がおこってしまうと、手術成績は悪くなり、その後の再発の可能性も高まります。動脈の膨らみが進んできたら、専門医により適切に薬による治療(ベータ遮断薬やロサルタンなどARBという薬)を受けて、血圧を下げ、動脈の変化を止める必要があります。骨格の症状が強い場合にも手術が行われることがあります。眼の症状も水晶体のずれが大きい場合には手術が行われることがあります。

8. この病気はどういう経過をたどるのですか

マルファン症候群は、以前は、病気であることを知らないままに放置し、大動脈解離など命に関わる変化が起こってから病院に受診することも少なくなく、30代半ばで命を落とされるかたも少なくありませんでした。今では、適切に治療(手術を含む)を受けることで、普通の方と同じように高齢になっても元気に過ごされる方も少なくありません。上で触れたように、大動脈解離がおこってしまうとその後の経過は良くありませんので、適切な薬による治療と必要な場合には予防的な予定手術を受ける必要があります。

9. この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか

動脈の膨らみの程度が軽い場合には日常生活での注意点はありませんが、定期的な病院受診と検査により、動脈の膨らみの変化がないことを確認する必要があります。動脈の膨らみが進んできたら、治療を受けるとともに血圧が上がるような行動(重い物を持ち上げる、息こらえの必要な運動、激しい運動、など)は避ける必要があります。大動脈解離が起こってしまっている場合にはなおさらで、専門医師の指示に従う必要があります。

関連ホームページのご紹介

a)Gene Review Japan(日本語版)
(マルファン症候群)
http://grj.umin.jp/grj/marfan.htm
 
(ロイス・ディーツ症候群)
http://grj.umin.jp/grj/lds.htm
 
b)マルファン症候群患者会
マルファンネットワークジャパン
http://www.marfan.gr.jp/
 
日本マルファン協会
http://www.marfan.jp/
 
国際マルファン症候群団体連合
http://www.marfanworld.org/


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 先天異常症候群領域の指定難病等のQOLの向上を目指す包括的研究班
研究班名簿   
新規掲載日平成27年11月10日