メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> 脊髄髄膜瘤(指定難病118)

脊髄髄膜瘤(指定難病118)

せきずいずいまくりゅう

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

脊髄髄膜瘤の発生率はどれほどですか?その発生率は増加していますか、減少していますか?

「日本産婦人科医会外表奇形調査」が長年にわたり二分脊椎患者の発生率を報告しています。1年に生まれる新生児数を参考にすると、表のようになる。即ち、21世紀になってからの患者出生数は年間500人から600人と推定され、患者発生率は減少傾向を示していません。
 

1990年

2000年

2005年

2010年

2012年

二分脊椎発生率(分娩10,000人当たり)

3.6人

4.8人

4.7人

5.9人

5.2人

新生児数

122万人

119万人

106万人

107万人

103万人

二分脊椎患者数

439人

571人

498人

631人

535人

脊髄髄膜瘤を予防するためには、どのような方法が有効ですか?

大切な赤ちゃんを元気に育てるには、計画的に妊娠をし、前もって葉酸の果たす機能を学習することが肝要です。葉酸は二分脊椎の発生リスクを低くするだけでなく、貧血、早期胎盤剥離、流産の防止にも効果があります。母子健康手帳には葉酸の働きが記載されていますが、実際にこの母子健康手帳を入手するのは妊娠10週頃であり、二分脊椎の防止には遅すぎます。
性交渉が始まった一般女性、および妊娠を意図する一般女性は、妊娠4週前から(胎児の臓器形成が完了する)妊娠12週まで葉酸サプリメントを1日400マイクログラム(=0.4mg)内服することが極めて大切です。葉酸サプリメントは通販またはコンビニショップで購入できます。
一方、ハイリスク群である「抗てんかん薬」を内服中の女性は、確実に葉酸を併用しなければなりません。すなわち(精神科・神経内科の)主治医に処方箋を発行してもらい、薬局でフォリアミン1錠/日(5mg)を購入し、内服するべきです。親戚に二分脊椎患者のいる女性は、(遺伝因子の関与が疑われるので)葉酸サプリメントの内服が必要であり、かつ遺伝カウンセラーと相談するべきです。糖尿病に罹患している女性は、直ちにその治療を開始してください。肥満体(BMI>30)の女性は、減量を図ると共に葉酸サプリメントの内服が必要です。

治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 神経変性疾患領域における基盤的調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
新規掲載日平成27年8月30日