メニュー


HOME >> 病気の解説(一般利用者向け) >> 好酸球性副鼻腔炎(指定難病306)

好酸球性副鼻腔炎(指定難病306)

こうさんきゅうせいふくびくうえん

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

1. 「好酸球性副鼻腔炎」とはどのような病気ですか

好酸球性副鼻腔炎は、両側の鼻の中に多発性の鼻茸ができ、手術をしてもすぐに再発する難治性の慢性副鼻腔炎です。一般的な慢性副鼻腔炎は、抗菌薬と内視鏡を用いた手術でかなり治りますが、この副鼻腔炎は手術をしても再発しやすく、ステロイドを内服すると軽快する特徴があります。すなわち、ステロイドが最も有効な治療法です。しかし病気自体は、生命に危険を及ぼさないので、ずっとステロイドを服用することは避けた方が良いとされます。そのためステロイド内服を中止すると風邪などの感染を契機に鼻茸が再度大きくなり、悪い状態に戻ってしまいます。
健常人と好酸球性副鼻腔炎患者さんの鼻の中の写真を示します。


(健常人)


(好酸球性副鼻腔炎患者さん)

右図のように水ぶくれのような袋が鼻茸であり、幾つもの鼻茸ができて鼻の中を充満していくのが特徴です。鼻茸自身は良性腫瘍ですが、風邪をひいたり細菌感染が起こったりするたびにどんどん大きくなります。ひどい場合は、鼻の穴から溢れそうになることもあります。
この鼻茸を顕微鏡で調べると好酸球という免疫細胞が多数認められます(下図)。これまで日本人の鼻茸には好中球という免疫細胞が多く存在したので、この好酸球性副鼻腔炎は今までの副鼻腔炎とは違った原因で起こるか、異なった反応をしているのだろうと推測されました。そして好酸球という細胞が非常に多く認められるので、好酸球性副鼻腔炎という名前が付きました。


(鼻粘膜を顕微鏡で拡大した写真)


(好酸球。周囲は赤血球)

左の写真はピンク色に染まった好酸球が鼻の粘膜の中に多数集まっている状態です。右はこの病気の主役である好酸球という細胞です。この病気は、ほとんど20歳以上の成人になってから発症します。15歳以下の子供では発症しません。

2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか

副鼻腔炎の人は、日本に100万人から200万人いると言われています。そのうち鼻茸が存在するような慢性副鼻腔炎患者が20万人います。好酸球性副鼻腔炎の中等症・重症の人は、20万人の中の10分の1にあたる約2万人です。1900年代には、この病気の人があまり日本にいませんでした。1990年代後半から2000年にかけてこの病気の人が徐々に増えてきました。台湾、韓国、中国など東アジアの国々も最近この病気に罹る人が増えてきました。現在も増加傾向にあります。

3. この病気はどのような人に多いのですか

気管支喘息の人や、アスピリンなどの解熱剤などで喘息を起こしたりショックを起こしたりするアスピリン不耐症の人に多く起こります。また薬物アレルギーの人にも起こります。気管支喘息を起こすようになってから、好酸球性副鼻腔炎になるのか、もしくは逆に好酸球性副鼻腔炎になってから気管支喘息も起こすようになるのかは、まだはっきりとした結果はでていません。これまでの調査では、気管支喘息が先の人、好酸球性副鼻腔炎が先の人、気管支喘息と好酸球性副鼻腔炎が同時に起こった人は、ほとんど同じ割合であり、それぞれ30%から35%程度です。男性の方が女性よりも多い病気です。

4. この病気の原因はわかっているのですか

はっきりした原因はわかっていません。ただ1990年頃までは、重症の気管支喘息治療にステロイドを内服させていました。それが吸入ステロイドを用いることが第一選択になった頃からこの病気が増加してきました。昔からこの病気は存在していたのに、合併する気管支喘息の治療でステロイドの内服を行っていたために、わからなかったのかもしれません。そうすると、鼻、気管、肺すべてに関連する全身性の呼吸器疾患であり、鼻だけの病気ではないのではないかと考えらえています。すなわち何かの原因で全身の病気が起こり、鼻では好酸球性副鼻腔炎が起こり、気管や肺では気管支喘息が起こり、アスピリンを飲むと全身反応や呼吸が苦しくなるのではないかということです。
これまでは、感染による急性副鼻腔炎をうまく治せなかったり、放置しておいたりすると慢性副鼻腔になり、鼻茸ができると言われていました。この過程で、理由は不明ですが好酸球が多数集積し、反応を起こしたために好酸球性副鼻腔炎が起こったと考えられていました。しかし上述したステロイド内服のことなどを考えると、この考えは間違っているのではないかと考えられつつあります。
好酸球性副鼻腔炎が合併する気管支喘息、アスピリン不耐症も発症にウイルスが関与しているとも疑われています。ウイルス感染が起こると好酸球性副鼻腔炎の病状は、急激に悪化します。特に鼻茸は大きくなり、鼻水も粘稠になってきます。鼻の粘膜にウイルスが感染した時に、過剰に反応して好酸球を呼んでくる物質をたくさん分泌する人が、この病気になるのかもしれないと考えられています。そうすると遺伝的にこの病気になる人が決まっているのかもしれません。
試験管での研究によって、好酸球性副鼻腔炎の鼻茸では血液を固める作用が亢進しており、血の塊を溶かす作用が減弱していることがわかっています。しかしまだよくわからず、現在いろいろ調べられているのが現状です。

5. この病気は遺伝するのですか

これまで遺伝するとの報告はありません。ただし両親が気管支喘息の場合、子供は気管支喘息を発症する可能性は高まるので、それに伴う好酸球性副鼻腔炎も発症するかもしれません。しかしこの病気自身の歴史が浅いので、今後遺伝性するのかどうか、わかってくると思います。

6. この病気ではどのような症状がおきますか

嗅覚障害が起こります。鼻はつまり、粘稠な鼻汁がでます。両側の鼻とも同じような症状を示します。気管支喘息発作を起こすことがあります。難聴を示すことがあり、耳がつまります。耳だれが出ると、とても粘稠で止めることはかなり困難です。血液検査において好酸球がたくさん血液中に現れます。鼻のCTを撮影すると目と目の間の所(篩骨洞)に影が認められ、その影は頬の所の上顎洞よりも濃く、重症であることが特徴です。頬の痛みや歯の痛みなどはあまりありません。鼻がつまるので口で呼吸をすることが多くなります。鼻茸が鼻の中に充満している場合は、一日中口呼吸です。そのため口が渇き、のどが痛くなることが多くなります。よく風邪のような症状が起こり、そこから鼻の状態がさらに悪化していきます。

7. この病気にはどのような治療法がありますか

汚い鼻汁が出ている場合には、まず抗生物質を内服します。透明な鼻になってもにおいが戻らなく、鼻づまりが続く場合(鼻茸が存在する場合)には、ステロイド(プレドニン、セレスタミン)を内服させます。これで鼻茸が縮小し、においが戻るなどの症状改善が認められます。ステロイド内服は、約3ヵ月間減量しながら継続します。症状が軽快したら、一旦終了します。しかし鼻茸が大きくなってくると、内視鏡を用いた手術を行います。これで一旦鼻茸を完全に取ります。術後は鼻の洗浄とステロイドの内服を絡めながら、鼻の様子を見ていきます。

8. この病気はどういう経過をたどるのですか

最初のステロイドを内服させた保存的治療で、とてもよく反応したならばこの疾患の可能性が非常に高くなります。しかし風邪を引いたり、菌が感染したりすると汚い鼻汁になるので抗生物質を処方します。抗生物質投与後、ステロイドの内服を行います。一旦よくなるのですが、ステロイドを中止後また感染を起こします。このように経過が反復していくとともに鼻茸も徐々に大きくなり、内視鏡を用いた鼻の手術を行うことになります。手術によって鼻茸が摘出されるので、一旦鼻づまりは解消されます。しかし鼻茸はすぐに再発し、再度保存的治療、再手術を行うことになり、またまた反復していきます。
途中、耳だれが出現するとステロイドの内服をしない限り、耳だれが止まることはありません。耳の閉塞感も同様です。これは好酸球性中耳炎と言って、鼓膜の奥にある鼓室に好酸球が集まり炎症反応を起こすためです。

9. この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか

風邪などをひくと症状は悪化するので、規則正しい生活と帰宅後には必ず手洗いをした方がよいです。

関連ホームページのご紹介

厚生労働省 平成27年7月1日施行の指定難病(新規)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000085261.html

用語解説

慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん):蓄膿症(ちくのうしょう)とも呼ばれている。顔面の左右対称性にある上顎洞、篩骨洞、前頭洞にウイルスや菌の感染が起こり、そこに粘液や膿が溜まる病気。鼻の中にも粘液や膿が鼻汁として排出される。うまく排出されないと頬や目の間に痛みを感じる。鼻汁の貯留、鼻の粘膜も腫れるので、鼻づまりも起こす。戦前、戦後の小学生の病気として有名。
 
好酸球(こうさんきゅう):ヒトの体を守る細胞の一種。寄生虫感染が起こった時に、この細胞が増えて寄生虫を攻撃する。一方で、アレルギーにおいても重要な役割を担い、アレルギー反応を起こす細胞とも言われる。生体反応において消防士の役割をしていると例えられるが、アレルギーを起こすこともあり、善玉か悪玉かいろいろ議論されている。
 
嗅覚障害(きゅうかくしょうがい):一般には嗅覚機能が低下して、においがわからない状態もしくはにおいがわかりづらい状態をいう。鼻がつまって鼻呼吸ができないことによる場合と外傷、ウイルス、腫瘍で神経が侵されて起こる場合とがある。好酸球性副鼻腔炎で起こる嗅覚障害は、鼻がつまって起こるとされる。


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。
情報提供者
研究班名 重症好酸球性副鼻腔炎に対する新しい治療戦略研究班
研究班名簿   
新規掲載日平成27年8月22日