メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> 拘束型心筋症(指定難病59)

拘束型心筋症(指定難病59)

こうそくがたしんきんしょう

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

この病期は国内では医療保険の適用外などになってしまうのでしょうか?

拘束型心筋症の治療も他の心疾患と同様保険診療の適応になります。根本的な治療は望めませんが、心不全の治療や予防に対する診療をうける必要があります。

特発性とはどういう意味でしょうか?

特発性とは原因がわからないという意味です。拘束型心筋症には、心アミロイドーシスなど原因がわかるものは二次性拘束型心筋症と呼ばれます。ただし、二次性でもその原因に対する治療法が存在しないものも多く、心不全の治療などは共通しています。


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。

情報提供者
研究班名 特発性心筋症に関する調査研究班
研究班名簿   
情報更新日平成26年12月24日(研究班名簿:平成30年4月更新)