メニュー


HOME >> FAQ(よくある質問と回答) >> シャルコー・マリー・トゥース病(指定難病10)

シャルコー・マリー・トゥース病(指定難病10)

しゃるこーまりーとぅーすびょう

(概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。)

「シャルコー・マリー・トゥース病(Charcot-Marie-Tooth病:CMT)」とはどのような病気ですか

1886年にCharcot,Marie、Toothの3人によって報告された最も頻度の高い主に遺伝子異常による末梢神経疾患の総称です。CMTの中核症状は、末梢神経障害による四肢遠位部優位の筋力低下や感覚低下などです。遺伝子異常の種類にもよりますが、基本的に男女差はありません。CMTは、一般的には0歳~20歳頃までに発症しますが、60才以降に発症される方もおられます。

原因はなんですか

50種類上のCMT原因遺伝子が明らかになっています。しかし、原因遺伝子異常とCMT発症メカニズムの詳細はまだ不明です。

診断はどのようにするのですか

CMTの診断は、問診、神経学的診察、電気生理学的検査、遺伝子検査で行われます。問診と神経学的診察でCMTが疑われた場合には、末梢神経の働きを調べる神経伝導検査を行います。必要に応じて、針筋電図検査、神経超音波検査、神経生検(足のくるぶしのところにある腓腹神経の生検です)なども行います。神経超音波検査は痛くありませんが、神経伝導検査、針筋電図検査、神経生検は痛みを伴います。これらの検査で異常が見られた場合には、遺伝子検査にて確定診断となります。遺伝子検査と言っても患者さんの負担としては採血だけです。PMP22遺伝子のFISH法という検査は健康保険が適用されますが、他の遺伝子検査は大学の研究室での解析になります。

この病気は遺伝するのですか

CMTの遺伝様式には、常染色体優性遺伝(両親のどちらかに症状があって、だいたい50%の確率で子供に遺伝するもの)、常染色体劣性遺伝(両親には症状がなくても子供に発症することがあるもの)、X染色体劣性遺伝(X染色体上の遺伝子の異常で、男のみに発症するもの)などがあり、遺伝子が関係していても、親から子供に必ず遺伝するわけではないことに注意する必要があります。CMTの特徴は、「遺伝的多様性」と言われています。「遺伝的多様性」とは、異なる遺伝子の異常によって、同じ症状が出現するということです。つまり、遺伝子Aの異常でも、遺伝子Bの異常でも、区別がつきにくい同じような手足の筋力低下というCMTに共通した症状が出現するということです。逆に、同じ遺伝子の異常でも異なる臨床症状を示す場合もあります。もっとも多いのがPMP22というタンパク質をコードしている遺伝子の異常です。CMTの40%の患者さんは、この遺伝子の異常であることが知られています(CMT1A型と言います)。

この病気にはどのような治療法がありますか

現時点ではCMTに特異的に効果があると科学的に証明された治療はありません。CMTのモデル動物では、オナプリストンという抗ホルモン剤や、ビタミンB12、クルクミンなどの治療効果が報告されていますが、現時点ではこれらの薬剤のヒトでの安全性や臨床効果については十分検討されていません。最近、CMT1Aに対するアスコルビン酸投与試験がわが国と欧米で行われました。CMT1Aのモデル動物では有効性が見られたので期待されましたが、いずれの試験でもCMT1Aに対するアスコルビン酸の有効性は証明されませんでした。わが国のアスコルビン酸投与試験では握力の若干の改善がみられましたが、主要評価項目では投与群と非投与群で有意差がありませんでした。しかし、現在、新しい治療法の研究が進められています。

この病気はどういう経過をたどるのですか

CMTの経過については、原因となっている遺伝子異常によって異なりますが、一般的には筋力低下、感覚障害が緩徐に進行していきます。厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業CMT研究班(CMT研究班)の調査では、多くの方は自力歩行または杖歩行が可能ですが、車椅子を使用される方は約20%、寝たきりになる方は1%とされています。


治験情報の検索:国立保健医療科学院
※外部のサイトに飛びます。

情報提供者
研究班名 神経変性疾患領域における基盤的調査研究班
研究班名簿  研究班ホームページ 
新規掲載日平成26年12月16日