メニュー


HOME >> 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) >> 特発性傍中心窩毛細血管拡張症(嚢胞様黄斑浮腫)(平成24年度)

(15)眼科疾患分野特発性傍中心窩毛細血管拡張症(嚢胞様黄斑浮腫)(平成24年度)

研究班名簿 一覧へ戻る

1. 概要

原因不明に中心窩近傍の網膜血管に、毛細血管瘤を形成したり、漏出を来したりする疾患である。毛細血管瘤を認めるⅠ型、耳側網膜を中心に網膜混濁、毛細血管からの漏出を呈すⅡ型、無潅流領域を認めるⅢ型に分類されているが、これらは別の疾患概念であるとする説もある。

2. 疫学

約5000人

3. 原因

原因は分かっていない。Ⅱ型ではMuller細胞の異常が報告されている。

4. 症状

変視症、歪視症、視力低下、中心暗点

5. 合併症

なし

6. 治療法

レーザー網膜光凝固、抗VEGF薬硝子体内投与

7. 研究班

視覚系の稀少難治性疾患群に関する症例データベース構築研究班