メニュー


HOME >> お知らせ >> お知らせ

お知らせ

R元年6月27日 (厚生労働省からのお知らせ)
「第63回厚生科学審議会疾病対策部会難病対策委員会・第39回社会保障審議会児童部会小児慢性特定疾患児への支援の在り方に関する専門委員会(合同開催) 資料」
R元年6月20日 (厚生労働省からのお知らせ)
第63回難病対策委員会・第39回小児慢性特定疾患児への支援の在り方に関する専門委員会(合同開催)【ペーパーレス】の開催について
令和元年6月28日(金) 16:00~18:00
R元年6月10日 (厚生労働省告示番号第二十八号)
・膠様滴状角膜ジストロフィー(指定難病332)
こうようてきじょうかくまくじすとろふぃー
・ハッチンソン・ギルフォード症候群(指定難病333)について、官報告示され、令和元年7月1日から適用されます。

なお、病気の解説等は準備中で出来次第掲載します。
R元年6月7日 (厚生労働省からのお知らせ)
「指定難病患者データベース及び小児慢性特定疾病児童等データベースに関するホームページ」がアップされました。
R元年5月14日 (厚生労働省からのお知らせ)
第61回厚生科学審議会疾病対策部会難病対策委員会・第37回社会保障審議会児童部会小児慢性特定疾患児への支援の在り方に関する専門委員会【合同開催】 資料
※資料1-1難病対策及び小児慢性特定疾病対策の現状について(PDF: 11,431KB)は、こちらから項目ごとに分割したPDFをダウンロードすることができます。
H31年4月3日 (厚生労働省からのお知らせ)
平成31年度 第1回 厚生科学審議会 疾病対策部会 資料
H31年3月20日 (厚生労働省からのお知らせ)
厚生科学審議会疾病対策部会指定難病検討委員会(第32回) 資料
H30年9月10日 (厚生労働省からのお知らせ)
平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震による災害による被災者に係る公費負担医療の取扱いについて
平成30年北海道胆振地方中東部を震源とする地震による被災者に係る被保険者証等の提示等について
H30年9月6日 (厚生労働省からのお知らせ)
平成30年8月30日からの大雨関係で、被災者に係る公費負担医療の取扱いについて
【事務連絡】平成30年8月30日からの大雨による災害の被災者に係る被保険者証等の提示等について
【事務連絡】平成30年8月30日からの大雨による災害による被災者に係る公費負担医療の取扱いについて
H30年7月25日 (厚生労働省からのお知らせ)
特定非常災害の被害者の権利利益の保全等を図るための特別措置に関する法律に基づく、受給者証有効期限の延長について
【事務連絡】平成30年7月豪雨の特定非常災害指定に伴う告示施行通知
(別添1)政令第211号
(別添2)告示第276号
H30年西日本水害関連Q&A
H30年7月18日 (平成30年7月豪雨に関して、厚生労働省からのお知らせ)
(被災者の方向け)
保険証がなくても医療機関等を受診できます(平成30年7月豪雨)
被爆者健康手帳や患者票がなくても、公費負担医療を受けられます(平成30年7月豪雨)
(医療機関向け)
医療機関の方々へ 平成30年7月豪雨により被災された患者様について、窓口での一部負担等の支払いを受けとる必要はありません
H30年4月18日 (厚生労働省からのお知らせ)
1 「療養生活環境整備事業実施要綱の一部改正について」(平成30年3月29日健康局長通知)及び
「療養生活環境整備事業の実務上の取扱いについて」の一部改正について
(平成30年3月29日健康局難病対策課長通知)を掲載しました。
2 「難病特別対策推進事業実施要綱の一部改正について」(平成30年3月29日健康局長通知)及び
「難病特別対策推進事業の実務上の取扱いについて」の一部改正について
(平成30年3月29日健康局難病対策課長通知)を掲載しました。
H30年4月5日 (厚生労働省からのお知らせ)
「平成30年4月1日施行の指定難病(告示番号331)」 を掲載しました。
「既存の指定難病のうち疾病の3名称を変更しました」
H30年3月2日 (厚生労働省からのお知らせ)
平成30年4月から医療費助成、指定医・指定医療機関の指定に関する申請
書類の提出先が変更になります。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.nanbyou.or.jp/upload_files/H300401_jyoseiannounce.pdf