メニュー


HOME >> 難治性疾患研究班情報(研究奨励分野) >> 毛細血管拡張性運動失調症(Ataxia Telangiectasia)(平成23年度)

神経系疾患分野毛細血管拡張性運動失調症(Ataxia Telangiectasia)(平成23年度)

もうさいけっかんかくちょうせいうんどうしっちょうしょう
研究班名簿 一覧へ戻る

1. 概要

歩行開始時から明らかになる進行性運動失調症、免疫不全症、高頻度の腫瘍発生、内分泌異常症、放射線高感受性、毛細血管拡張などを特徴とする、多臓器に渡る障害が進行性に認められる遺伝疾患である。

2. 疫学

患者数100人~1000人、人口10-15万人に1人、保因者は人口の0.5-1%

3. 原因

1995年にATM(Ataxia telangiectasia mutated)遺伝子が、Ataxia telangiectasiaの責任遺伝子として同定された。遺伝子は11q22.3に位置し、66のエクソンからなり、全長150KBのゲノムDNAから成る。遺伝子産物であるATMはDNA損傷修復応答の鍵となる分子である。

4. 症状

歩行開始と共に明らかになる歩行失調(体幹失調)、小脳性構語障害・流涎、眼球運度の失行、眼振、眼球結膜・皮膚の毛細血管拡張(6歳までに50%で明らかに。8歳時までにほぼ全例)、易感染性・免疫不全症状、高頻度の悪性腫瘍発生を認める。その他、発育不良や内分泌異常を認めることがある。

5. 合併症

小脳失調からの誤嚥性肺炎、免疫不全による重篤な感染症、化学療法薬(抗がん剤)や放射線治療に際しての重篤な副作用などが問題となる。

6. 治療法

対症的治療(低γグロブリン血症に対するγグロブリン補充、感染時の抗菌薬投与、誤嚥防止など)。欧米ではDNA損傷の軽減を目的として、抗酸化薬のトライアルが行われている。

7. 研究班

毛細血管拡張性小脳失調症の実態調査、早期診断法確立と、病態評価に関する研究班